NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
ANAHD、第3四半期は3,095億円の純損失 通期予想据え置き

ANAHD、第3四半期は3,095億円の純損失 通期予想据え置き

  • Traicy
  • 更新日:2021/02/01

ANAホールディングスは1月29日、2021年3月期の第3四半期までの純損益が、3,095億円の赤字になったと発表した。

売上高は5,276億円、営業費用は8,900億円となり、営業損益は3,624億円の赤字となった。ボーイング777型機などの経年機の早期退役などの事業構造改革費用を含めた、773億円の特別損失も計上した。

新型コロナウイルスの影響で、旅客収入が全日本空輸(ANA)国際線で93

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加