「こんなプレーは見たくなかった」スペイン戦大敗で揺れるドイツ代表。OBは“リーダー不在”に警鐘【現地発】

「こんなプレーは見たくなかった」スペイン戦大敗で揺れるドイツ代表。OBは“リーダー不在”に警鐘【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/11/22
No image

スペイン戦後にうつろな表情を浮かべていたレーブ監督。(C)Getty Images

No image

スペイン代表に惨敗したドイツ代表が揺れている。

現地時間11月17日、ネイションズ・リーグで対峙したスペイン対ドイツは、6-0という結果に終わった。この試合の解説を担当した元ドイツ代表キャプテンのバスティアン・シュバインシュタイガーの口からは、苦言ばかりが出てくる。

「強豪相手に負けることはある。だが内容的にも結果的にもこれはない。一番良くなかったのは、チームとしてのプレーが見られなかったことだ。一部の選手だけがかかわっている。互いの指示がない。ドイツ代表としてこんなプレーは見たくはなかった」

チームマネージャーのオリバー・ビアホフは試合後に「消化する時間が必要。点差こそ違えど、08年欧州選手権決勝を思い出す。常に相手の後ろを走らなければならない。ボールを奪ってもすぐに奪い返される。徐々にチームがばらばらになってしまった。スペイン相手にそうなると時にこんな結果は起きてしまう。もちろん謝って許されることではない」と理解を求めたが、シュバインシュタイガーはひかない。

「そうした試合もあるし、スペイン相手に難しい試合になることはあるだろう。でも0-6は点差がつきすぎだ。選手のボディランゲージはあった?チャンピオンズ・リーグやブンデスリーガと比べても少なすぎる。代表チームには確かな価値観をもたらす必要はある」 90年W杯優勝チームのキャプテンであるローター・マテウスをはじめ、多くの識者はリーダーの不在を訴えている。セルジ・ニャブリは「僕らはそれぞれ話をしながらやれることをやろうとした」と振り返っていたが、無観客で行われたこの試合で聞こえてくる言葉はスペイン語ばかり。

確かに本来リーダー格のヨシュア・キミッヒが負傷で不在だったという背景はある。だがそれだけが理由では、逆に問題だ。ひとりの選手に依存しているようでは本大会で勝ち進むことなどできない。

例えばブラジルW杯前にも「リーダー不在」は問題視されていた。当時キャプテンを務めていたフィリップ・ラームは大声を張り上げるタイプではない。当時副キャプテンだったシュバインシュタイガーは述懐する。

「うまくいかない試合は僕らの時もあった。監督も言うけど、僕ら選手もお互いに言い合っていた。あの頃はDF、MF、FWとそれぞれのポジションにすばらしいメンタリティを持った選手がそろっていたと思うんだ。フンメルス、ボアテング、ケディラ、クローゼ。それを今の代表選手にも求めている」 あの時、ドイツがW杯で優勝したのはひとりで状況を変えられる選手がいたからではない。チームとしての強さが他を凌駕していたからこそ。大会後にシュバインシュタイガーは言っていた。

「ブラジルにはネイマール、アルゼンチンにはメッシ、オランダにはロッベンというワールドクラスのスター選手がいた。でもドイツはチームとしてワールドクラスだった」

欧州選手権に向けて、その強みを取り戻すすべを見出さなければならない。

ヨハヒム・レーブの脳裏にはロシアW杯での失敗があまりに色濃く残りすぎているような印象さえ受ける。あのミスを繰り返してはいけないという思いにとらわれすぎていないだろうか。

強烈すぎる個性を持った選手が、若手の選手が自分を出し切れないと思っている節がある。トーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングの代表復帰をかたくなに固執するのは、そのためとみられているが、ただそれですべてがうまくいくのだろうか。ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが若い世代の選手について次のように語っていたことがある。「自分から指示を出す選手が少ない。若い世代の選手は話すことに不安があったり、そもそも話したくなかったりするのかもしれない。SNSでのコメントのやり取りすることがコミニュケーションになっているようにも感じる。全く別の文化なのかもしれない。若い選手がちょっとのところで足を踏み出せないことがあったり、言葉で問題を抱えていたりすることも理解できる。でも2~3か月も一緒にやっていたら、そうした言葉を出すことだってできるはずだ」

むしろ経験豊富で自分たちの弱いところを放っておかない選手とともにプレーをすることで、若手選手は逞しくなるのではないだろうか。中心となってプレーをする経験も必要だ。だがいまの代表では、それぞれが自分のことにいっぱいなのが現状だ。

攻撃のエースとして期待されているレロイ・ザネも、守備のかなめとして白羽の矢が立てられたニクラス・ジューレも、ともに膝の負傷から復帰後まだ完全復調ではない。大きすぎる責任やプレッシャーは、それぞれの選手が持つ本来のパフォーマンスさえも潰してしまう。

「大会前に起こったのはよかったのかもしれない。選択肢を考えるためのきっかけになるかもしれない」

シュバインシュタイガーはそうまとめていたが、自分たちの現在位置を改めて正しく分析をし、見栄や見栄えをすべて取っ払い、代表が本当のチームになるために必要なことすべてに取り組んでいかなければならない。

「ポテンシャル」だけで勝てるほど、欧州選手権は甘くはない。

筆者プロフィール/中野吉之伴(なかの きちのすけ)

ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に「サッカー年代別トレーニングの教科書」「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」。WEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」(https://www.targma.jp/kichi-maga/)を運営中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加