JRのお盆期間予約席数 半月前で対前年比110%に増加 ピークは7日と15日

JRのお盆期間予約席数 半月前で対前年比110%に増加 ピークは7日と15日

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/07/20

コロナ禍前との比較では24%

JR旅客6社が2021年7月20日(火)、お盆期間(8月6日から17日まで)の指定席予約状況を発表。2020年度と比べ、JR旅客6社あわせての予約席数が対前年110%と多くなっていることが明らかになりました。コロナ禍前の2019年度との比較では、24%です。

No image

東海道新幹線のN700S(画像:写真AC)。

特に予約された席数が多い日は8月7日(土)と15日(日)で、それぞれ9万席が予約されています。対し少ないのは、10日(火)で3万席です。

また、期間中に予約可能な席の数は915万席で、そのうち予約された席数は84万席、9%です。

JR東海は「期間中は多くの列車を設定し、十分な指定席をご用意いたします。自由席は時間帯により混雑する可能性がありますので、なるべく事前に指定席をご予約ください」としています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加