渋野、順位を下げる 笹生と西村が首位並走

渋野、順位を下げる 笹生と西村が首位並走

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

◇女子ゴルフツアー 大王製紙エリエールレディース 第2日(2020年11月20日 愛媛県 エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)

No image

渋野日向子

日本女子プロゴルフツアーの大王製紙エリエール・レディース(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は当地で午前8時から第2ラウンドを行っている。濃霧のため午前9時16分から競技を中断していたが、午前10時40分に再開された。

首位に3打差の4位からスタートした渋野日向子(22=サントリー)は前半のアウトをノーバーディー、2ボギーの37で折り返し、通算1アンダーの21位まで順位を下げた。

同組で首位からスタートした“新世紀世代”笹生優花(19=ICTSI)、“ミレニアム世代”西村優菜(20=フリー)はともに前半のアウトを2バーディー、1ボギーの34で折り返し、通算7アンダーで首位を併走している。

同じく首位からスタートした“ミレニアム世代”古江彩佳(20=フリー)は8番パー3(150ヤード)の第1打がバンカーに突き刺さる不運もあり、このホールをダブルボギーとするなど前半のアウトで一つスコアを落とし、通算5アンダーの3位グループにいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加