「そんなバナナ味」「初恋のいちご味」... ネーミングセンスが独特すぎるプロテインが話題に

「そんなバナナ味」「初恋のいちご味」... ネーミングセンスが独特すぎるプロテインが話題に

  • Jタウンネット
  • 更新日:2020/10/18

[ちちんぷいぷい-毎日放送]2020年10月5日放送の「フレ!フレ!スポーツ」のコーナーでは、変わったネーミングで話題のプロテインを紹介していました。

そのプロテインを製造しているのは、奈良県大和高田市にあるリアルスタイルという会社。プロテインを生産するスポーツメーカーで、社員の多くは現役のアスリートだそう。そんな同社が販売しているのが、全33種類のラインナップを誇るプロテイン「ビーレジェンド」です。

No image

「ぴちぴちハッピーチ風味」(画像はリアルスタイル公式サイトより)

変わったネーミングはなぜ?

このビーレジェンドの一番の特徴は、味の表現が独特なこと。例えば、

「初恋のいちご風味」「一杯飲んどコーラ風味」「めろめろメロン風味」「そんなバナナ風味」「かめはめ波風味」「火事場のクソ力風味」

など...。味の想像がつきませんね。

もちろんプロテイン自体は美味しく飲みやすいとのことで、「北斗の拳」「ワンピース」「ハローキティ」といった人気作品ともコラボしているんだとか。

しかし、なぜここまで変わったネーミングになっているのでしょうか。

リアルスタイルの代表によると、

「ダジャレ、インパクトのある名前をつけて認知度を上げ、飲んでもらいさえすれば認めてもらえる自信があったから」

とのこと。

運動をする人だけでなく女性や子どもはもちろん、年配の方でたんぱく質不足の人にもいいとのことでした。

(ライター:まみ)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加