国学院大 序盤の失点響き敗退、福永は反省「自分の配球ミス」

国学院大 序盤の失点響き敗退、福永は反省「自分の配球ミス」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/11/26

◇明治神宮野球大会第5日 大学の部準決勝 国学院大2ー6中央学院大(2021年11月24日 神宮)

No image

<中央学院大・国学院大>敗戦し、悔しそうな表情で整列する福永(左)ら国学院大ナイン(撮影・木村 揚輔)

国学院大は序盤の大量失点が最後まで重くのしかかった。初回2死満塁で決勝の3点三塁打を浴びた場面について、捕手でオリックスからドラフト3位指名を受けた福永は「自信を持って出したサインが打たれてしまった。自分の配球ミス」と先発の池内をかばった。

リーグ戦では春秋連覇を果たしたが、日本一にはあと一歩届かず。「その悔しさを忘れず自分はプロで頑張り、3年生以下は国学院大で頑張ってほしい」と見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加