結婚式当日に「花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だった」ことが判明し母娘が20年ぶりに再会、花嫁と花婿の結婚の行方は?

結婚式当日に「花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だった」ことが判明し母娘が20年ぶりに再会、花嫁と花婿の結婚の行方は?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/04/07
No image

2021年3月31日に中国の江蘇省(こうそしょう)で執り行われた結婚式で、新郎と結婚する新婦が「実は新郎の母親と20年以上前に生き別れた実の娘だった」ことが判明するというドラマのような出来事が起きたと報じられています。

家婆发现媳妇是亲女儿 儿子变女婿 | 国际 | 東方網 馬來西亞東方日報

https://www.orientaldaily.com.my/news/international/2021/04/05/403074

江苏苏州:“大妈参加养子婚礼,意外发现儿媳竟是自己亲生女儿”|婚礼_新浪新闻

http://k.sina.com.cn/article_2487830357_94494755027010kkt.html

Woman discovers son's bride is actually her daughter| Woman finds out son's bride is her long-lost daughter on their wedding day | Trending & Viral News

https://www.timesnownews.com/the-buzz/article/woman-finds-out-sons-bride-is-her-long-lost-daughter-on-their-wedding-day/741660

Mother finds out her son's bride is her long-lost DAUGHTER on their wedding day | Daily Mail Online

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9442147/Mother-finds-sons-bride-long-lost-DAUGHTER-wedding-day.html

香港の東方日報は2021年4月5日に、「中国の江蘇省で最近、息子の結婚式に出席した女性が新婦の手にあざを見つけたことがきっかけで、新婦が長年行方不明になっていた実の娘だということが分かりました」と報じました。

3月31日に開かれたある夫婦の結婚式で、新婦の女性の手にあるあざが、20年以上前に行方不明になっていた娘のあざとそっくりだということに気付いた新郎の母親は、新婦の両親に「娘さんは養子ではありませんか?」と尋ねたとのこと。

この質問を聞いて、新婦や新婦の両親は仰天しました。というのも、新婦の両親はそのことを誰にも話していなかったので、新婦自身さえ自分が育ての親と血がつながっていないということを知らなかったからです。新郎の母親からの質問に対し、新婦の両親が「実は、娘は道ばたで見つけた子どもです。それ以来、20年間ずっと実の娘のようにかわいがってきました」と告白したことで、新郎の母親と花嫁が生物学的な親子だということが分かりました。

実の親子だということが判明した新郎の母親と新婦は、泣きながら抱き合って再会を喜びました。また、新婦は実の母親に会えたことを「結婚そのものよりうれしい」と話したそうです。

No image

新郎の母親と新婦が実の親子だったということは、新郎と新婦も血がつながっていることになるため、普通は結婚はできません。しかし、新郎の母親が「息子は、娘を長年探した後に養子として迎えた子どもです」と明かしたことで、2人の間には血のつながりがないことが判明。2人の結婚式は無事に執り行われ、式に出席していた参列者らは「実の母娘の再会」と「花嫁と花婿の結婚」という2つのめでたい出来事を祝ったとのことです。

中国のニュースメディア・新浪網は、「母娘を引き裂いたのは、人身売買業者ではないか」と指摘しました。また、新郎が実の両親の元を離れることになった経緯も不明とのことです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加