鈴鹿中央ライオンズクラブ 河曲小に花壇寄贈 三重

鈴鹿中央ライオンズクラブ 河曲小に花壇寄贈 三重

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2021/11/25

【鈴鹿】三重県鈴鹿市飯野寺家町の鈴鹿中央ライオンズクラブ(栗本昌尚会長、23人)は24日、社会貢献活動の一環として、同市十宮町の市立河曲小学校(三浦洋子校長)に花壇一面を寄贈した。

寄贈した花壇は一辺約2メートルと5メートルの長方形。今月12、13日に会員延べ約20人が、ブロックを二段積み重ねて造ったほか、パンジーやビオラの苗約百株を植えた。

この日は代表児童9人や栗本会長らが、記念に花の苗14株を定植し、花壇を完成させた。

その後、体育館で贈呈式があり、6年生約80人が参加。

栗本会長は「花壇を大切に守ってほしい」とあいさつし、廣田隆延教育長に目録を手渡した。

目録を受け取った廣田教育長は「来校者の目や心を和ませ、地域の新たな憩いの場所になる」、三浦校長は栗本会長に感謝状を手渡し、「潤いのある環境が子どもたちの感性を磨き、豊かな心を育てることにつながる」とそれぞれ謝辞を述べた。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加