調理器具と保存容器を兼ねて超絶便利な使い捨てないフリーザーバッグ「スタッシャー」レビュー、何度でも冷凍保存やオーブン調理が可能

調理器具と保存容器を兼ねて超絶便利な使い捨てないフリーザーバッグ「スタッシャー」レビュー、何度でも冷凍保存やオーブン調理が可能

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/08/02
No image

ファスナーのついたフリーザーバッグは何かと便利ですが、素材が汚れたり弱くなったりすると使い捨てになってしまうのがもったいない点。「スタッシャー」はそんな問題を解決すべくシリコンゴムで作られており、耐久性が高く、何度でも繰り返し使えます。耐熱温度は250度、耐冷温度はマイナス18度で、ゆでたり冷凍するだけでなくオーブン加熱も可能とのことなので、どのように使えるのか実際に購入して確かめてみました。

stasher(スタッシャー)lプラスチックフリーの保存容器 – stasher Japan

https://stasherbag.jp/

ということで、以下がスタッシャー。

No image

スタッシャーはサイズやカラーが選べるようになっており、今回はLサイズ(クリア)、スタンドアップ(アクア)、Mサイズ(スモーク)、Sサイズ(シトラス)の4つを購入しました。

No image

基本的にスリムなデザインで、厚さは1.7cmほど。

No image

しかし、スタンドアップは文字どおり自立可能なので、6.5cmのマチがあります。

No image

素材はシリコンゴムなのでやや固め。前面は透明で……

No image

裏面はスモークがかかっています。

No image

「シリコンゴム製なのでフリーザーバッグのように使い捨てにせず何度でも使える」という点だけを聞くと、「フリーザーバッグで十分だし……」という人もいるかと思いますが、スタッシャーはただ「環境に優しい」だけでなく、「1つ持っていると調理器具と保存容器を兼用できて省スペースにもなってめちゃめちゃ便利」という点がポイント。普段、電子レンジでの調理を行う人であれば、その便利さが実感できます。

ということで、その使い勝手を確かめていきます。まずは山本ゆりさんの「レンジで一発*キーマカレー」を作ってみます。ウスターソース、しょうが、にんにく、カレールウ、合いびき肉、にんじん、たまねぎ、ケチャップを用意。

No image

まずはにんじんと玉ねぎをみじん切りにします。ここが一番面倒な作業ですが、逆に言うとここしか面倒な作業はありません。時間のある時にみじん切りを済ましてスタッシャーに入れて冷凍しておけば、さらに時短にもつながります。

No image

すべての具材&水をスタンドアップ式のスタッシャー(約21x19x6.5mm、容量約1.6L)の中に放り込み……

No image

軽くフタを閉めて……

No image

全体をもみほぐします。

No image

あとは電子レンジで600W・12分加熱するだけでOK。スタンドアップ式は以下のように自立するので液体を入れてフタを開けたままで調理できますが、フラットなタイプはフタを開けたまま調理できないので、液体を入れる場合はスタンドアップを選んだ方がよさげです。

No image

あとは電子レンジにお任せ。

No image

加熱が終わると、かなり蒸気が発生したらしく、電子レンジの内側に水滴がついていました。

No image

加熱後のスタッシャーは素手で持てないほどに熱々でしたが、変形が起こったり、素材が柔らかくなっている気配は一切ありません。

No image

フタを開けて中をかき混ぜたら……

No image

味をなじませるために5分ほど置きます。数分たつと素手で持つことも可能になりました。ボウルやお皿のように場所を取らず、机の隅っこに寄せておけるのは便利。フタをしっかり閉めておけば、うっかり中身をこぼしてしまうこともありません。

No image

しばらく待って、お皿に盛り付ければ完成。

No image

味は何の遜色もない、おいしいキーマカレーです。むしろ、フライパンで作ると加熱の最中に肉が固くなってしまいがちですが、電子レンジで加熱しているため、肉が柔らかくふわふわ。火加減に気を遣う必要がないので、加熱している間にもう1品作る余裕も生まれます。

No image

市販のフリーザーバッグはファスナーの部分が細かいので、食材が入りこむとなかなか取れないのですが、スタッシャーはみぞが大きめなので掃除も比較的らくちん。

No image

余ったカレーはこのまま冷凍庫で保存すればOK。容器への移し替えは不要です。

No image

また、プラスチック容器の場合、内容量が少ないと上部に空間ができてしまい、冷凍庫のスペースを余分に取ってしまいますが、スタッシャーは柔らかい素材なので折り曲げてわずかなスペースに入れることができます。

No image

1日たって、冷凍庫から取り出すと、カチンコチンに固まっていました。

No image

水滴が付いているとファスナー部分が開きづらいのですが、端っこの方からこじあけていきます。

No image

この状態で、電子レンジで加熱すれば……

No image

おいしいカレーのできあがり。

No image

レトルトカレーのようにご飯にかけていただきます。最近は電子レンジだけで調理が完了するレシピも多くあり、そのようなレシピで料理を作る人であれば、スタッシャーのスタンドアップは非常に使い勝手がよいといえます。

No image

カレーはかなり脂が多く、匂いも強いのですが、脂は容器の内側にこびりつくことなく、食器用洗剤を使えばスルンと落ちます。洗った後すぐはわずかにカレーの匂いが残りましたが、強いものではありません。

No image

ごはんも炊けるということで、カレーを作った直後のスタッシャーで白米を炊いてみます。洗ったお米1合と、水320mlを容器に入れて……

No image

フタを開けた状態で、まずは600Wの電子レンジで6分加熱。

No image

一度容器を取り出して、中身をかきまぜます。

No image

その後、もう一度電子レンジにかけて、100Wで15分、あるいは200Wで13分加熱。

No image

加熱後、フタを閉めて5分蒸らして……

No image

ご飯をかき混ぜて、フタを開けた状態で5分放置し、水分を飛ばします。

No image

食べてみたところ、芯も残らず、しっかりと柔らかいご飯が炊き上がっていました。もちろん、ご飯にこだわりのある人からすれば、やや水分がベタついている点などが完璧とは言えないかもしれませんが、一般的なレベルで言えば十分な炊き上がり。カレーを作った直後ですが、匂いも移っていません。全ての工程を入れると炊き上がりまで約30分なので、炊飯器の早炊きモードと同じぐらいという点では自宅使いのメリットは小さめですが、かさばらないので長期の海外旅行者であれば1つ持っていると便利かも。

No image

フリーザーバッグは低温調理にもよく使われるということで、スタッシャーで鶏胸肉の低温調理ができるのかも確かめてみます。材料はシンプルに酒・塩・鶏胸肉1枚。

No image

約19×19×1.7cm・容量は0.44LのMサイズのスタッシャーを使っていきます。

No image

まずは鶏胸肉を塩・酒で下ごしらえし……

No image

そのままドーンとスタッシャーに入れます。胸肉1枚だと、Mサイズのスタッシャーがちょうどのサイズでした。

No image

お湯を張った釜の中にスタッシャーを沈めます。フリーザーバッグの場合、水圧で空気を抜きますが、スタッシャーはやや固い素材なので完全に食材と密着させることは難しめ。ある程度の空気抜きは可能です。

No image

炊飯器にセットして……

No image

保温モードで1時間半加熱します。

No image

1時間半後、鶏胸肉を取り出してみるとこんな感じ。

No image

温度を制御し、じっくり熱を通したので、パサつきがちな胸肉ですが、非常にしっとりと仕上がっています。旨みが逃げ出さずに凝縮されており、多少の空間があいていても、問題なく低温調理できました。今まで鶏をゆでていた人が食べると戻れなくなるレベルで完成度が違います。

No image

もちろん、スタッシャーの方は、使用前とまったく変化なし。脂が少ないこともあってか、匂いもほとんどつきませんでした。

No image

スタッシャーは耐熱250度、耐冷マイナス18度で、オーブンでも使用とのことなので、公式サイトのレシピに従ってローストサーモンも作ってみることに。サーモンと塩・コショウ・ハーブを用意します。

No image

今回はLサイズ(約26×21×1.7cm、容量約1.9L)を使用していきます。

No image

塩やハーブでサーモンを下ごしらえし……

No image

スタッシャーの中に投入。下処理したものをお皿などでしばらく放置する場合はラップが必要になりますが、ラップを不要とするのもスタッシャーのいいところ。

No image

オーブンを230度で予熱し……

No image

クッキングシートの上にスタッシャーをポン。

No image

15~20分加熱し、サーモンから出る液体が透明になったら完成です。

No image

これも、加熱直後のスタッシャーは熱々で素手で持てないほどですが、数分経過すると持てるように。230度で加熱しても素材に変化は全くありません。

No image

完成した料理を手軽に運べ、何ならこのままお弁当にさえできそうです。

No image

ただし、口が平べったいので、柔らかい食材をスタッシャーから取り出す際は、やや慎重さが必要となります……。

No image

公式レシピでは「バルサミコ酢と蜂蜜とクローブを鍋で加熱してソースを作る」とあったのですが、ちょうどアオハタの「ブルーベリー&バルサミコビネガー」があったので……

No image

塩を加えて加熱しました。

No image

ということで、これが完成した料理。

No image

オーブンでの調理ですが、直接熱を当てていないので、蒸し焼きのようになっており、ふっくらと柔らか。全くパサつきがありません。アオハタのソースも酸味がほどよく取れ、甘酸っぱさと塩気のある味わいがサーモンによくあっており、非常に簡単に作れるもてなし料理といえます。これもオーブンに任せていれば火加減の調整が不要なので、フライパンを使わない「蒸し焼き」の方法として用いれば、作業の手間を減らせて便利です。

No image

Sサイズのスタッシャーは約19×1.7×11cm、約0.29Lでかなり小さいので調理器具としての使い方は限られてきそうですが、おやつを入れたり、残り物を保存したり、あるいは刻みネギのような冷凍しておくと便利な食材の保存容器として使えそうです。

No image

スタッシャーはAmazonで購入可能となっており、Sサイズが税込1320円、Mサイズが税込1650円、Lサイズが税込2420円、スタンドアップが税込2090円となっています。

No image

Amazon|スタッシャー シリコン バッグ アクア S スナック 洗って使える 保存 容器 レンジ オーブン 食洗器 対応 冷蔵 冷凍 stasher STMK02|保存容器・キャニスター オンライン通販

なお、以下のプレゼント記事からもスタッシャーをゲットすることが可能です。

No image

GIGAZINE夏のプレゼント大放出企画「アンケートに答えて全部持っていってください!」 - GIGAZINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加