輪郭を明るく整えて際立たさせ、自然に仕上げる「眉まわり専用コンシーラー」

輪郭を明るく整えて際立たさせ、自然に仕上げる「眉まわり専用コンシーラー」

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2022/05/14
No image

ハイライト効果で自然に際立つイマドキ眉になれるヴィセ リシェの『アイブロウエンハンサー』

ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未さんが、オトナのための美容情報を紹介。今回は、眉まわりに特化したコンシーラーについてお届けします。

* * *
以前から私が使っているテクに、「ファンデ綿棒」というのがあります。綿棒の先端にファンデーションやコンシーラーを取り、眉や唇の輪郭を縁取ることで、形を自然に際立たせるという方法。

輪郭を際立たせるというと、「濃い色でラインを描く」と思いがちですがハイライト効果で形を浮き立たせるわけ。このテクがもっと手軽にできる、眉まわり専用のコンシーラー『アイブロウエンハンサー』が、ヴィセ リシェから登場します。使い方は、眉を描いたらアウトラインに沿って縁取るだけ。ラインの外側を指先で軽くなじませると、より自然に仕上がります。

先端が技ありで、斜めにカットされた太軸がちょうど眉に沿わせやすい角度。ただ当ててなぞるだけで程よくラインがひけます。綿棒だと先が細いからぼかすなどのテクニックが必要だけど、難しいことを考えずにできちゃう。

眉を描く前にも使えます。例えば、眉まわりのムダ毛をうまく整えられない、という人も、これで先に輪郭を描いておけば、ガイドラインができて眉が描きやすくなります。さらにムダ毛を目立たなくさせつつボヤけたラインをくっきりさせる、というコンシーラーとハイライターのいいとこ取りも。

イマドキは、眉の輪郭をくっきり描くと古くさい顔になっちゃうから、ちょっと柔らかめの色のアイブロウペンシルが多いの。とはいえ、大人が柔らかめの色を使うと、なんとなく顔がボケちゃう。これでアウトラインを明るくすれば、柔らかい色合いでも眉が際立つんです。

誰が使っても間違いないナチュラルベージュの色みや、さらっとした仕上がりも使いやすい。「ボヤけてきたラインを強く描くのではなく、明暗の対比でくっきり見せる」という、大人を老けて見せない使い方が簡単にできるアイテム。これは1つ持っておくと便利ですよ!

【プロフィール】
山本浩未/ヘア&メイクアップアーティスト。1964年生まれ。「今すぐ実践できる」を発信する、メイクの第一人者。

※女性セブン2022年5月26日号

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加