DeNA 交流戦初優勝へ手痛い1敗 三浦監督「先発が役割を果たせなかった」

DeNA 交流戦初優勝へ手痛い1敗 三浦監督「先発が役割を果たせなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

DeNA先発の坂本

「西武5-3DeNA」(10日、メットライフドーム)

DeNAは先発・坂本裕哉(23)が乱調。2回2/3を6安打5四死球4失点でKOとなり、三浦大輔監督(47)も「今日は悪かった。ボール先行でピッチングにならなかった」と厳しかった。

1点リードの初回に、先頭・岸に初球の甘く入った直球をバックスクリーン左へ運ばれる同点ソロを被弾。同点の二回も柘植の中越え適時二塁打などで2点を勝ち越され、さらに三回は押し出し四球を含む4四死球を与え、無安打で追加点を許して降板となった。

坂本も「早いイニングでマウンドを降りることになって、チームと中継ぎ陣に申し訳ない」と肩を落とした。3試合連続で先発が五回をもたずにKO。三浦監督は「先発が役目を果たせなかった。四球が絡み、ボール先行の投球が3人とも続いた」と苦言を呈した。

交流戦順位も、首位の楽天、オリックスと1ゲーム差ながら4位に後退。目指していた球団初の交流戦優勝も遠ざかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加