オリックスが大接戦を制して2勝3敗に 九回、代打・ジョーズが勝ち越しソロ

オリックスが大接戦を制して2勝3敗に 九回、代打・ジョーズが勝ち越しソロ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/26
No image

9回、勝ち越しソロを放ったジョーンズを出迎える中嶋監督(撮影・棚橋慶太)

「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト5-6オリックス」(25日、東京ドーム)

オリックスが大接戦を制し、2勝3敗として25年ぶりの日本一へ望みをつないだ。

苦しい戦いをものにした。先発の山崎福が二回に先制点を献上。四回に杉本の適時打で同点に追いついたものの、その裏、村上に左中間へソロ本塁打を浴びた。

オリックスは六回、2死一、二塁からT-岡田の右前適時打で再び同点に。さらに七回、1死二塁のチャンスで今シリーズ初スタメンの8番・太田が右中間を破る適時三塁打を放ち、この試合初めて勝ち越しに成功。続く代打・モヤも右前打を放って1点を追加した。さらに八回には、2死一塁から伏見の左中間適時二塁打で3点のリードを奪った。

ただ八回、4番手で登板したヒギンスが誤算。先頭の塩見、続く青木に連続四球を与えると、続く山田に3ボール、1ストライクから左翼席へ特大の同点3ランを浴びた。

しかし、オリックスはあきらめない。九回、先頭の代打・ジョーンズが2ボールからマクガフの3球目をとらえ、左翼席へ勝ち越しソロ。土壇場で1点リードを奪うと、最後は6番手で登板した平野が無失点に抑えて勝利をものにした。

26日は試合がなく、27日の第6戦、28日の第7戦はほっともっとフィールド神戸が舞台。オリックスは地元ファンの前で逆転のシリーズ制覇を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加