麒麟・川島、『ラヴィット』でやらかした大事件を回想 「逮捕されるんやと」

麒麟・川島、『ラヴィット』でやらかした大事件を回想 「逮捕されるんやと」

  • Sirabee
  • 更新日:2022/08/06
No image

お笑いコンビ「麒麟」の川島明が5日放送の『A-Studio+』(TBS系)にゲスト出演。MCを務める『ラヴィット!』(同局系)でのギネス記録挑戦を振り返った。

■挑戦中に反則行為

今回、MCのアイドルグループ「Kis-My-Ft2」の藤ヶ谷太輔は、『ラヴィット!』の撮影現場に潜入。川島について出演者たちに話を聞くと「完璧だから人間味が感じられない」との声が。そんな中、唯一川島の人間味を感じた瞬間があったそう。

それは6月の放送での「新聞紙で人を包む、最速の時間」のギネス記録更新を目指したときの出来事。このとき川島は新聞紙で巻いていく係として参加。だがルールをよく理解しておらず、「新聞紙を破く」という反則行為をしてしまった。

関連記事:川島明、『ラヴィット』で反則行為が発覚し謝罪 ギネス記録を目指した結果…

■戦犯だと知り「逮捕されるんやと」

当時の様子を川島はこう語る。「『1人不正を行った人がいるので記録として認められません』って生放送中に言われて。『誰だよ!』みたいな空気になって。俺も気付いてないから『誰やねんそんなことしたん』みたいな」。

その後、CM中にスタッフから、犯人は川島だったとこっそり伝えられたといい「俺、生放送終わり逮捕されるんやと思って。めちゃめちゃ怖なったんですよ」と苦笑しながら振り返る。

■V振りを任せられ…

出演者たちは川島が戦犯だと気付いていなかったが、番組では、反則行為の瞬間が映ったVTRが流れることに。

「『VTRを作ったので。犯人がわかるVTRが流れます』って。『川島さんがそれを振ってください』って言われて。俺が犯人やのに。自分が捕まるの分かっててそのVを流さないといけない」と自分でVTR振りをする際の心苦しさを語っていた。

■「伝説のギネス記録回」

川島の人間味が露呈した、『ラヴィット!』でのやらかし事件。

当時リアルタイムでチェックしていた視聴者も多く、インターネット上には「リアルタイムで見てたけど本当頬疲れるくらい笑った」「伝説のギネス記録回」「川島さんのギネス回何回見ても何回聞いてもおもろい」などの反響が散見された。

・合わせて読みたい→川島明、JPの“川島モノマネ”に猛ツッコミ 「仕事なくなるよ、こんなやつ」

(文/Sirabee 編集部・RT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加