【谷佳知氏の眼】あと1本が出ない阪神 得点圏では自分のスイングを“崩す”ことも必要

【谷佳知氏の眼】あと1本が出ない阪神 得点圏では自分のスイングを“崩す”ことも必要

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/15
No image

4回、空振り三振に倒れる佐藤輝=10日・広島戦

投手陣の踏ん張りでロースコアの接戦に持ち込むものの、得点圏であと1本が出ずに競り負ける。5月に入ってからの阪神は、そうした苦しい試合が続いている。

得点圏で打席を迎えた打者は誰しも、「自分のスイングでしっかりと打ち返す」ことをまず考える。阪神の各打者のスイングを見ていても、それを強く感じる。だが実際のところ、相手投手はベストなスイングをさせまいと、打ちづらい、これまでに打てていない球種を内外角、高低に徹底して投げてくる。

打撃の状態が良ければ対応できるが、元々、苦手にしているところを攻められるのだから当然、ヒットゾーンに飛ぶ確率は低くなる。自分のスイングはしているが、タイミングが合わずに空振りや詰まったゴロ、飛球に終わる。阪神の各打者は、そうした打席がとても多い印象を受ける。

得点圏では思い切って、アプローチの仕方を変える、自分のスイングを“崩す”ことも、時に必要になる。

詰まると思うのならバットを短く持ったり、バットを出す角度、出し方に変化をつける。タイミングの取り方も早めてみる。そうした工夫は打席での粘りを生み、相手へのプレッシャーともなる。

勝敗を分ける重要な場面で苦手な球種、厳しいコースを一度でも打つことができれば、次回以降のバッテリーの配球は間違いなく変わってくる。そうなれば打てる確率も上がってくる。自分のスイングにこだわることは大事だが、相手に合わせることを怖がってはいけない。そこに活路があると思う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加