2軍で打ち込まれたのに...DeNAピープルズ6回0封 先発陣崩壊の中、好投

2軍で打ち込まれたのに...DeNAピープルズ6回0封 先発陣崩壊の中、好投

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

中日戦に先発したDeNA・ピープルズ

「中日-DeNA」(3日、バンテリンドーム)

今季1軍初登板初先発のDeNA・ピープルズが、あっと驚く好投を披露した。小さく動くボールを有効に緩急自在の投球で6回92球を投げて、4安打5三振、無失点の投球。勝利投手の権利を手に降板した。

ピープルズは今季2軍で2試合に登板。0勝2敗、防御率12・71。4月13日のロッテ戦では2回3失点、同18日の日本ハム戦では3回2/3を5失点と結果は残していなかった。

DeNAはこの日、阪口が右肘の違和感のため登録を抹消。先発投手陣は上茶谷、京山、入江、平良らが1軍にいない中、救世主的な投球を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加