「身に覚えがないわけではない」信号待ちの車に追突し運転手にけがをさせたまま逃走した疑い 愛知県豊川市の男を逮捕

「身に覚えがないわけではない」信号待ちの車に追突し運転手にけがをさせたまま逃走した疑い 愛知県豊川市の男を逮捕

  • LOOK 静岡朝日テレビ(ニュース)
  • 更新日:2022/11/25

静岡市湖西市の交差点で信号待ちをしていた車に追突し、運転していた40代の男性にケガをさせたにも関わらず逃走したとして、愛知県に住む59歳の男が逮捕されました。

No image

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、愛知県豊川市美園の無職の男(59)です。

警察によりますと容疑者は、23日午後7時前軽乗用車を運転中に、湖西市新居町の県道交差点で、信号待ちをしていた車に追突し、車を運転していた40代の男性にけがをさせたにもかかわらず、逃走した疑いが持たれています。

[ 関連記事を読む - ニュース ]

男性は首に軽いケガをしました。

警察は、男性の車のドライブレコーダーの映像や、周辺の防犯カメラなどから容疑者を特定し、けさ逮捕しました。

警察の調べに対し、容疑者は「身に覚えがないわけではない」などと話しているということです。

LOOK編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加