マーベル実写ドラマ「シー・ハルク」監督候補が判明!

マーベル実写ドラマ「シー・ハルク」監督候補が判明!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/09/16
No image

「シー・ハルク(原題)」ロゴ - Jesse Grant / Getty Images for Disney

マーベル・スタジオが動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」向けに製作する実写ドラマシリーズ「シー・ハルク(原題) / She-Hulk」メガホンを、『ウソはホントの恋のはじまり』などのカット・コイロ監督が取るかもしれない。現在交渉中であると、Deadlineが独占で報じた。

シー・ハルクは、文字通り女性版ハルクにあたるヒーロー。重傷を負った弁護士ジェニファー・ウォルターズが、いとこのブルース・バナー/ハルクから輸血を受けたことで、彼と同じ能力を手にする。ドラマはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ4に組み込まれており、すでにドラマ「シリコンバレー」などのジェシカ・ガオがメイン脚本家として就任している。

同サイトによると、カット監督はパイロット版及びドラマの複数エピソードを監督する契約で交渉に入っているという。彼女は「デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~」「フィラデルフィアは今日も晴れ」といった数多くのドラマのエピソード監督を務めるなど経験豊富で、最新作としてジェニファー・ロペスら出演のロマコメ『マリー・ミー(原題) / Marry Me』が控えている。

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは、シー・ハルクを含む「Disney+」で初登場するヒーローが将来的にMCU映画に合流すると The Hollywood Reporter のポッドキャスト番組で明言している。また、MCU映画でハルクを演じるマーク・ラファロも、本作にハルクを登場させる話が存在することをVarietyに明かしており、「もし僕たちが何かいいアイデアを思い付いたら、本当に面白いことになるだろう。今のところはそれだけだよ」と語っている。(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加