新名神立ち往生、26日未明までに解消 「体調不良」と複数通報

新名神立ち往生、26日未明までに解消 「体調不良」と複数通報

  • 毎日新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

降雪の中、新名神高速道路で立ち往生する大型車両ら=三重県菰野町で2023年1月25日午後1時48分、兵藤公治撮影

大雪の影響で各地の高速道路では立ち往生が発生した。

「まるで地獄絵図」「失禁する人も」 閉じ込められた列車内で何が

中日本高速道路によると、25日未明から、新名神高速道路の四日市ジャンクション(JCT、三重県)―甲賀土山インターチェンジ(IC、滋賀県)の上下線の複数の場所で、トラックなどが立ち往生した。同社はドライバーからの通報を受けて、職員が現場に食料や飲料水などを持って救援に向かった。スリップなどによる事故は把握していないという。

同社は25日夜、立ち往生が26日未明までに解消するとの見通しを明らかにした。同区間で足止めされていた車両を出口に誘導した後、除雪作業を進め、26日朝の通行止め解除を目指す。

同社によると、立ち往生が発生した区間は、25日正午過ぎ、下り線で約34・5キロにわたった。並行する名阪国道が通行止めになったことで新名神高速に交通量が集中したほか、滋賀県内の高速道路で立ち往生の車両が発生したことによる影響で、長い区間で立ち往生が発生したとみている。

三重県菰野町消防本部によると、25日午後1時25分ごろ、下り線で立ち往生していた高速バスの運転手から「乗客が体調不良を訴えている」と119番があり、30代男性1人を病院に搬送した。意識はあるという。また、同県亀山市消防本部によると、25日午前10時半ごろ、動けなくなった車の男性運転手から「気分が悪い。吐き気がする」と119番があったが、救急車の到着が渋滞で遅れる間に体調が落ち着き、救急要請を取り下げた。【原諒馬、朝比奈由佳】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加