NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「彼女はキレイだった」樋口(赤楚衛二)、宗介(中島健人)に熱いハグ 突然のシーンに反響

「彼女はキレイだった」樋口(赤楚衛二)、宗介(中島健人)に熱いハグ 突然のシーンに反響

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/07/20

【モデルプレス=2021/07/20】Sexy Zone中島健人と女優の小芝風花がW主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜よる9時~)の第3話が20日、放送された。赤楚衛二演じる樋口拓也の行動に注目が集まった。<※ネタバレあり>

No image

(写真 : 「彼女はキレイだった」第3話より(C)カンテレ・フジテレビ)

【写真】赤楚衛二、町田啓太は「毎日素敵な方だと感じる」

◆中島健人&小芝風花W主演ドラマ「彼女はキレイだった」

本作は、「わたし、定時で帰ります。」「不機嫌な果実」などの脚本家・清水友佳子氏が手掛ける、冴えない太っちょ少年からイケメンエリートとなった“最恐毒舌”副編集長・長谷部宗介と優等生美少女から冴えない無職となった“残念アラサー女子”・佐藤愛のすれ違う初恋の行方を描く、ラブストーリー。

◆樋口(赤楚衛二)、宗介(中島健人)に熱いハグ

樋口は主人公の愛(小芝)が働くことになるファッション誌「ザ・モスト」編集部の先輩。派手なファッションにいつも笑顔のムードメーカーで、総務部から突然出向で配属されてんやわんやになる愛を入社当初から「ジャクソン」と呼んで慕い、ちょっかいをかけるなど何かと気にかけている。

3話では、宗介(中島)との過去の思い出のパズルの1ピースを持ち歩いていた愛がそれをオフィスで落としてしまい、宗介の靴底に張り付いてしまう。自分が本物の愛だという証拠のピースをなんとか宗介に見られまいと必死に取り戻そうとする愛を見た樋口はピースを取るために宗介をいきなりハグ。どよめく編集部員を前に宗介の頭を熱く撫で、さりげなく足でピースを死守。

驚いて「離せ!」と突き放した宗介に樋口は「すみません、BL特集のことを考えてて思わず…副編集長って意外と鍛えているんですね」と大胆にごまかした。

赤楚といえばテレビ東京系ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(通称:チェリまほ)が代表作なだけに、この樋口の咄嗟の対応に視聴者からも「爆笑した」「急なBLが来て吹いた」「一番キュンとしてしまった」という声があがっていた。

◆樋口(赤楚衛二)、愛(小芝風花)にプロポーズ?

さらに、愛と宗介の昔の関係を知った樋口は愛にパズルを渡しながら、「昔のジャクソン取られたから今のジャクソンまで取られたくなーい」と冗談交じりに宗介に本物の愛に気づいて欲しくないという本音を伝え、いきなりひざまずいて「ジャクソン、結婚しよう」とプロポーズ。樋口の気持ちに気づいていない愛は「何やってるんですか?」と笑って流した。

次回予告にもあったこのシーンにも「赤楚くんにプロポーズされたい」「樋口くんまっすぐで最高」「冗談っぽくプロポーズするの切ない」と反響が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:カンテレ・フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加