武井壮、「努力したって無理」の声に反論 「今より凄い自分になるためだ」

武井壮、「努力したって無理」の声に反論 「今より凄い自分になるためだ」

  • Sirabee
  • 更新日:2021/11/25
No image

タレント・武井壮が25日、自身の公式ツイッターを更新。スポーツの才能と努力の関係についてつづった。

【ツイート】「スポーツは才能だよ」の声に反論

■「世界一じゃなくても…」

武井は「『スポーツは才能だよ、努力したって無理なものは無理だよ』だとよ」と切り出すと、「おう、無理なものは無理だし、まー難しい、努力しても考え方間違ってたり知識が無いと届かないことばかりだが」とその考え方にうなずく。

しかし、続けて「まだやってない自分よりやって少しは成長した自分を育てるためにやるのよ、世界一じゃなくても、今より凄い自分になるためだ」と反論した。

関連記事:武井壮、幸せな人生を手に入れるための助言 「猛烈にがんばってなんとか…」

■マスターズ陸上にも出場

武井といえば、陸上・十種競技の元日本チャンピオンとして知られているが、そのほかにもボクシングに取り組んだり、ゴルフ留学をしたり、プロ野球選手を目指したことも。

タレントとして多忙になってからも、陸上のマスターズ大会に参加。2015年には、世界マスターズ陸上の40~44歳のクラスの4×100メートルリレーに出場して金メダルを獲得するなど、幅広く努力を続けているだけに、その言葉は説得力を感じさせる。

■「涙出ました」の声も

武井の投稿に、ファンからは「才能に頼って努力せずに1番になった人と、努力した人とではその人の輝き方に雲泥の差がある」「本気になった者が強いんだよ」「世界一じゃなくたって『やりたい』ですよね」と賛同の声が寄せられた。

また、その力強い言葉に「やったことは無駄ではなかったです」「自分に言い聞かせます」「なんか、涙出ました。頑張ろう」と励まされた人も多いようだ。

■「スポーツは才能だよ」の声に反論

『スポーツは才能だよ、努力したって無理なものは無理』だとよ
おう、無理なものは無理だし、まー難しい、努力しても考え方間違ってたり知識が無いと届かないことばかりだが、まだやってない自分よりやって少しは成長した自分を育てるためにやるのよ、世界一じゃなくても、今より凄い自分になるためだ
— 武井壮 (@sosotakei)
November 25, 2021
from Twitter

・合わせて読みたい→「楽しめプレッシャーが…」 加藤浩次が放った言葉に“名言”の声

(文/Sirabee 編集部・けろこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加