中日 大野雄でもダメ...またも先発投手に白星付かず 6回5失点で降板 12球団で唯一の珍記録

中日 大野雄でもダメ...またも先発投手に白星付かず 6回5失点で降板 12球団で唯一の珍記録

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇セ・リーグ 中日―DeNA(2021年4月6日 バンテリンドーム)

No image

<中・D(1)>6回2死満塁、神里に右越え満塁ホームランを打たれ、ぼう然と打球を見送る大野雄(撮影・椎名 航)

中日の大野雄は6回8安打5失点で降板。12球団唯一、先発に白星が付いていない中、エースがマウンドに上がったが開幕から10試合目でもつかめなかった。

いつもの左腕と違い、立ち上がりから変化球を駆使。3回に桑原の右前適時打でDeNA戦は19年9月以来、28イニングぶりの失点を喫すると、6回には神里に痛恨の満塁弾を被弾。

昨季、3戦3勝、防御率0・00を誇ったお得意様にまさかの5失点。6回裏に打席が回って来たところで代打を送られ、93球でマウンドを降り、「2点目を嫌がった結果、最悪な結果になってしまいました。次対戦する時は必ずやり返します」と悔しさをあらわにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加