カープ・キャンプインまで2週間「栗林投手は気を緩めないタイプ、心配していない」山内泰幸

カープ・キャンプインまで2週間「栗林投手は気を緩めないタイプ、心配していない」山内泰幸

  • 広島ニュースTSS
  • 更新日:2022/01/14
No image

TSSテレビ新広島

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

カープです。キャンプインまであと2週間あまり、今週に入り主力選手が続々と自主トレを公開しています。

まずは火曜日です。小園選手が松山市で行っている自主トレを公開。小園選手は、去年に引き続きスワローズの山田哲人選手が中心となって行われている合同自主トレに参加しているんですよね。

(解説:山内泰幸)「他球団の一流選手と一緒に自主トレを行うことによって、今までと違った野球が見えてくるかもしれない。トリプルスリーを何度も達成した山田選手だから、なんとか(すぐれた技術を)盗んでもらいたい」

(小園選手)「僕はフォアボールが少ない。ボール球を振ったり結構多いので、どうやって打ちに行きながら見逃しているのかを聞いたりとか、吸収できるところを吸収して自分のいいように持っていきたい」

そして水曜日、この日は、菊池選手が例年静岡で行っている自主トレを公開、この自主トレには、他球団の選手のほか、カープの羽月選手、矢野選手も参加しています。

(解説:山内泰幸)「菊池選手がアドバイスをする姿が映像によく出てくる。アドバイスすることによって自分がもう一度確認できるという利点もある。いいことだと思う」

(菊池涼介選手)

「どうなるか本当にわからない、毎年。だけども、みんなががむしゃらになって、オンオフしっかり切り替えながら、みんなが一緒の方向に向けば、笑うときはみんなで笑っているだろうし、悔しいときはみんなで下を向いているだろうし、そういうチームにしていきたいので。そういう意味で本当に「会話」、これがキーワードだと思います」

そして、13日は去年の新人王、栗林投手が愛知県での自主トレを公開、栗林投手、プロ2年目のシーズンに向けて自主トレのテーマはずばり「下半身強化」だそうです。

(解説:山内泰幸)「投球の基本は下半身なので、非常にいいことだと思う。下半身のウェイトトレーニングを初めて行うらしいが、どのような効果を出すのか楽しみ」

(栗林良吏投手)

「下半身の強化は今年、野球人生で初めて取り組むところなのでランニング含めウエイトトレーニングは下半身中心にやりたいなと思ってます。」

山内さん、一口に自主トレと言っても選手によって思うところは、さまざまですね。

(解説:山内泰幸)「いろんな立場で自分の課題とうまく向き合って自主トレを行っているようだ」

その中でまずは小園選手、昨シーズンは、途中からショートのレギュラーとして活躍しましたが、今シーズンは、どんなプレー、どんな成績を期待したいですか。

(解説:山内泰幸)「もう一度ショートのレギュラーを争わないといけない。守備面では去年はいいところが見られた。打撃面では、課題にしていたように、もう少しフォアボールを選んでいけば出塁率も高くなっていく。あと山田選手はインサイドの打ち方がうまい選手なのでそこを習得してもらいたい」

そして、去年の新人王、栗林投手、去年は守護神としてすばらしい成績をマーク、どうしても「2年目のジンクス」みたいな言葉も言われがちなんですが、栗林投手の2年目についてどうご覧になっていますか。

(解説:山内泰幸)「あまり2年目のジンクスと言ってあげてほしくない。意識してほしくない。去年の秋季練習でも新しい球種にチャレンジしていたし、彼の性格上、全く気を緩めないタイプだと思うので、私はそんなに心配していない。疲れがどれだけ抜けているのか、それだけです」

およそ2週間後には春のキャンプが始まります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加