東京都心で初雪 日本海側では除雪中の事故相次ぐ

東京都心で初雪 日本海側では除雪中の事故相次ぐ

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

石川県では雪による倒木で道路が寸断され、一部の集落が孤立状態になるといった被害も出ています。

近畿地方では明け方から京都や大阪、奈良などの広い範囲で雪が降りました。大阪城もうっすら雪化粧。

まさかの積雪に驚いたのは奈良公園のシカも一緒です。群れを作って向かった先は大きな木の下。体に付いた雪を振り落としたり、身を寄せ合って温め合ったりしていました。

一方、日本海側の大雪は収まりましたが、先週から降り続いたため、途方もない除雪の量に頭を悩ませています。

石川県では荷台に雪を乗せた軽トラックが海に転落し、運転していた89歳の男性が意識不明の重体です。警察によりますと、男性は除雪した雪を海に捨てようとして誤って落ちた可能性があるということです。

石川県内では集落と町をつなぐ道路が雪による倒木などのため車が通れず孤立状態に。山道を歩いてたどり着くと雪かき中の住民に遭遇しました。

集落のなかにいる14世帯27人全員の安否を現在、警察などが確認中です。

また、関東でもぐっと冷え込み、雪や雨となる所も。東京特有の底冷えする寒さに服装選びも気を使います。

12日昼ごろ、東京も雪がパラパラと降ってきました。今シーズンは唯一、雪が降っていなかった東京でしたが気象庁は12日、平年より9日遅く都心で初雪を観測したと発表。

都内のおでん販売店では初雪が発表された昼ごろから、お客さんが店を訪れ始めました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加