折坂悠太、初の展覧会『薮IN』内覧会レポート 変化する“藪”の中で体感する様々な感覚

折坂悠太、初の展覧会『薮IN』内覧会レポート 変化する“藪”の中で体感する様々な感覚

  • Real Sound
  • 更新日:2022/05/13
No image

折坂悠太が、自身にとって初となる展覧会『薮IN』を、5月13日から渋谷PARCO 4F PARCO MUSEUM TOKYOにて開催する。本稿では、先駆けて行われた内覧会の様子をレポートする。

はじめに「藪」を体感したのは、嗅覚だった。渋谷のど真ん中という場所からはとてもイメージできない草木の香りが、展示に足を踏み入れる前から鼻孔をくすぐる。

会場に入ると、折坂の歌声が耳に入る。その歌声に導かれるままにオーディオルームに向かうと、360 Reality Audio版としてミックスされた、最新アルバム『心理』と昨年開催されたツアーのライブ音源が流れていた。スペースの4隅に3つずつスピーカーが並んでおり、迫力のある豊かな音像を楽しむことができる。なお3方の壁面には各音源の映像がプロジェクション上映されている。

折坂自身によるステートメントはガラスに書かれており、さらにその奥が鏡になっているため、ステートメントとともに鑑賞者自身が視界に入ることとなる。「そのものらしさでなく、そのもの自体を見てみたかったんです」。折坂によるこのコメントは事前のプレスリリース等でも目にすることができるが、鏡とともに見るその言葉は、よりその場にいる者にダイレクトに問いかけてくるようである。

ステートメントを通り過ぎると、『平成』『心理』のビジュアルを撮影した塩田正幸が捉えた、折坂が藪に分け入っていく姿を映した映像が宙に浮かび上がるのを確認することができる。そしてさらに先に進むと、真っ暗な通路が。その突き当たりにぼんやりと照らされているのは、折坂によるちぎり絵。書籍『藪IN』で登場するウリボを描いているという。

さらに先に進むと、いよいよ藪が登場する。田中菜穂子によるインスタレーション空間には塩田正幸による環境映像と折坂による環境サウンドが流れる。足元は土と草で少し柔らかく、時折道の脇から伸びる枝をよけるか、くぐって進むと、藪の奥にはやぐらが。その手前にはマイクが立っており、いくつかのエフェクターやサンプラーといった機材も置いてある。会期中、不定期で折坂がこのスペースで実験的なパフォーマンスを行うというが、この日も折坂が登場。こちらを気にする様子はなく、リラックスした様子であぐらをかき、様々な音を流したり、音叉でやぐらを叩いたり自身のハミングを流したり、エフェクトを追加したりと、すでに流れている環境音に溶け込むような、それでいて異質で脈絡のない音を操りながらまさに実験のようなパフォーマンスを繰り広げた。

パフォーマンス後、折坂は言葉を選びながらこう語った。

「どう説明していいのか分からず、まだあまり一言でなにか言えることが見つかっていなくて。だけどそれを言葉にしてしまったり、私がうまいことを言えたり皆さんが“『薮IN』ってこうだったよ”と上手いこと言えるようになったら、失敗かなと思います。なんだったんだろうねってなって初めてやる意義があったと思えるような、そんな折坂悠太展でございます」。そして、藪を作った理由についてこう続ける。「渋谷駅からここまで歩く間に、たくさんの広告を見て。この生活の中には分かりやすいものが求められ、うまく説明できることが美徳とされることが沢山あります。私も舞台に立つ人間ですから、そういうことがなければ商売はできないわけですが、自分の中で自家中毒みたいなものを起こし、どうにかできないものかと藪を作りました」。

様々な感覚で体感できる展示であることや自然と人工の対比など、多様な感じ方ができるであろう『薮IN』。会期中も変化し続ける藪を、ぜひ体感してみてほしい。

■展覧会 詳細
折坂悠太展「薮IN」
会場 :PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
東京都渋谷区宇田川町15-1  tel:03-6455-2697
会期 :2022年5月13日(金)〜 5月30日(月) 11:00-20:00
※入場は閉場の30分前まで
※最終日18時閉場
※営業日時は感染症拡大防止の観点から変更となる場合あり
入 場 料 :一般 800円(税込)/小学生以下無料
公式HP:art.parco.jp

主催:PARCO
企画制作:PARCO、高宮 啓(Moder−n)
技術協力:ソニー株式会社、山麓丸スタジオ
会場構成:HYOTA
宣伝デザイン:鈴木 聖

■書籍 詳細
タイトル:『薮IN』
著者:折坂悠太
価格:2500円(税込)
仕様:200ページ/110×160mm/並製本
編集:高宮 啓
デザイン:鈴木 聖
出版元:REPOR / TAGE
一般販売日:2022年6月1日

【関連サイト】
Official HP:https://orisakayuta.jp/
Twitter:@madon36(http://twitter.com/madon36)
スタッフTwitter:@orisakayuta(http://twitter.com/orisakayuta)
Facebook:@orisakayuta(https://www.facebook.com/orisakayuta/)
Instagram:@orisakayuta(http://instagram.com/orisakayuta)
YouTube:https://www.youtube.com/c/orisakayuta

村上麗奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加