八代英輝氏 5万円の定額給付案に「本当に必要な人にピンポイントでないと」

八代英輝氏 5万円の定額給付案に「本当に必要な人にピンポイントでないと」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/16

弁護士の八代英輝氏(56)が16日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。自民党の長島昭久衆院議員らが菅義偉首相に国民一律5万円の定額給付金支給を盛り込んだ40兆円規模の追加経済対策を要望したことについて言及した。

No image

八代英輝弁護士

長島氏らの要望について、加藤勝信官房長官は15日の記者会見で「経済情勢や感染症の状況をしっかり見ながら、必要があれば臨機応変に対応していきたい」と述べた。

第2次補正予算で設けられた予備費10兆円のうち、約7・8兆円が残っているが、八代氏は「キャッシュがあるわけではなくて、その幅で新たな借金をして国債出すってことですから、本当に必要な人にピンポイントで配るということでないとなかなか理解は得られないのかなと思います」と自身の考えを述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加