米津玄師、ついにNHK紅白へ ネットに出自を持つ次世代のポップアイコン

米津玄師、ついにNHK紅白へ ネットに出自を持つ次世代のポップアイコン

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2018/12/28

シンガーソングライター・米津玄師さんが「第69回NHK紅白歌合戦」に、出身地の徳島から生中継で初出場(白組)およびテレビ初歌唱が決定した。

歌うのはドラマ『アンナチュラル』の主題歌としてつくられた「Lemon」。MVは累計2億4000万回以上再生され(12月24日時点)、2018年のオリコンの年間デジタルシングルランキングでも1位を記録(2017年12月25日〜2018年12月17日)したヒット曲だ。

当初は「出場しない」ことがニュースとして報道されるほど、2018年のチャートを席巻した米津さん。紅白歌合戦への初出場、さらにはテレビで歌う姿も初披露となる。

当初から有力視されていた米津玄師の紅白出場

米津玄師さんは8月、NHKによる東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年応援ソングとして「パプリカ」をプロデュース。

2018年の活躍に加え、そうしたNHKとの関わりから、大みそかに放送される紅白歌合戦への出場は有力視されていが、11月に発表された出演者一覧に彼の名前はなかった(関連記事)。

その後、12月21日に各アーティストの楽曲が発表されると、女性ラッパー・DAOKOさんが米津さんとのコラボ曲「打上花火」を歌うことが明らかに。

DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

「もしやこの曲で出演するのでは?」と考えるファンも存在したが、DAOKOさんが12月12日に発売したアルバムには「打上花火」のソロバージョンが収録されていたため、その可能性も広がることはなかった。

「Lemon」に込められた祖父への想いが出場のきっかけに

レコード会社によると、当初は出演する予定はなかったが、NHK側からの粘り強い交渉で「米津玄師の出身地である徳島からの生中継」という提案を受け、急遽出演が決定したという。

米津玄師 MV「Lemon」

歌唱予定曲である「Lemon」は1月放送のTBSドラマ『アンナチュラル』の主題歌であり、ドラマのために2017年に制作していた曲だ。

ドラマ制作サイドの希望で「亡くなった人を想う曲」として制作をしている最中、米津さんの祖父が他界。米津さん自身の祖父に対する「あなたが居なくなって悲しい」という気持ちを吐露するような「Lemon」は、結果的に大ヒットを記録する。

祖父の他界から1年後となる大みそかに、自身の故郷であり祖父の生きていた土地である徳島で歌うことの意味を感じ、出演を決断したという。

ネットに出自を持つ「米津玄師」の名が年末に

亡き祖父への思いが込められた「Lemon」は3月にリリースされ、2018年のチャートを総なめにした1曲だ。

No image

「Lemon」

年間ランキング1位やMV2億回再生に加え、「Billboard JAPAN HOT of the Year 2018」含め4冠を達成、楽曲ダウンロード数も200万超(12月21日付/レコード会社調べ)を記録している。

ボカロP(ボーカロイドプロデューサー)・ハチとしてニコニコ動画への投稿をきっかけに、2012年に本名でメジャーデビューを果たした米津さん。

2017年7月には、ハチとして4年ぶりとなる新曲「砂の惑星」を発表している。

ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」HACHI / DUNE ft.Miku Hatsune

インターネットに出自を持つ彼のヒット曲「Lemon」は、ネットを舞台に活動するまふまふさんら歌い手やバーチャルYouTuberなどにも愛され、多くの「歌ってみた」動画が投稿されている。

Lemon(米津玄師)-Arrange ver.-/まふまふ(cover)

12月にはカナダ出身の世界的R&Bシンガー・The Weeknd(ザ・ウィークエンド)さんの公演に、アジアでは初となるゲストアーティストとして起用されたばかり。

チャートという数字において2018年は記録づくしとなっているが、年末にかけて「米津玄師」の名が多くの人々の記憶に残ることになりそうだ。

記録でみる米津玄師さんの「Lemon」(2018年間ランキンング受賞一覧)オリコン年間デジタルシングル(単曲)ランキング2018 (2017.12.25~2018.12.17)Billboard JAPAN HOT of the Year 2018 1位(2017.11.27〜2018.11.25)Billboard JAPAN Top Artists of the Year 2018 1位(2017.11.27〜2018.11.25)Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2018 1位(2017.11.27~2018.11.25)2018 年 YouTube トップトレンド音楽動画(日本)」 1位TSUTAYA2018年度 年間レンタルCDランキング:シングル 1位(2018.1.1〜2018.10.31)TSUTAYA音楽ダウンロード「シングル」年間ランキング2018 1位(2018.1.1〜2018.11.30)DAM年間ランキング 楽曲別1位 (2018.1.1〜2018.11.10)DAM年間ランキング 歌手別 1位(2018.1.1〜2018.11.10)JOYSOUNDカラオケ年間ランキング総合 1位 (2018.1.1〜2018.10.31)JOYSOUNDカラオケ年間ランキング アーティストランキング 1位(2018.1.1〜2018.10.31)レコチョク年間ランキング 史上初3冠 /(2018.1.1〜2018.11.30)(レコチョクランキング 1位/アルバム ランキング 1位(BOOTLEG)/アーティスト ランキング 1位)mora 2018 年間ダウンロードランキング 総合シングル(単曲)部門1位(2017/12/1〜2018/11/30)mora 2018 年間ダウンロードランキング 邦楽シングル(単曲)部門1位(2017/12/1〜2018/11/30)music.jp年間ランキング2018 【音楽】シングル部門 1位2018 ドワンゴジェイピー年間シングルランキング 1位KONAMI MUSIC 2018 年間人気ランキング1位(2018.1.1〜2018.11.30)歌ネット『2018年・歌詞閲覧 年間ランキング』【楽曲別】Lemon 1位 (2018.1.1.~2018.12.13付)歌ネット『2018年・歌詞閲覧 年間ランキング』【アーティスト別】1位 (2018.1.1.~2018.12.13付)2018プチリリ楽曲別ランキング 楽曲別ランキング1位(2017.12.1〜2018.11.30)2018プチリリ楽曲別ランキング アーティスト別ランキング1位(2017.12.1〜2018.11.30)オリコンミュージックストア 2018年総合シングルダウンロードランキング「Lemon」 1位(12/25付)

追記:17時45分 米津玄師「いろんな意味を込めて故郷で歌えることに感謝」

米津さんは12月26日に自身のTwitterを更新。出演にあたって、「祖父が暮らした故郷で歌唱することに何か大きな意味があるような気がして、NHKからの提案を快諾させて頂きました」と、経緯を語っている。

No image


— 米津玄師 ハチ (@hachi_08)
2018年12月26日
from Twitter

また「Lemon」についても、「自分の手元から離れてとても遠くまで届く曲になってくれたこと、それが祖父のおかげで作れたこと、いろんな意味を込めて故郷で歌えることに感謝したいです」と語り、最後は「歌詞を間違えないように気をつけたいと思います」と締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DA PUMP「U.S.A.」旋風経た新曲は『桜』 ISSAの歌唱力で人生を表現
宮本浩次、ソロプロジェクト始動!小林武史プロデュースでドラマ『後妻業』主題歌を担当!
関ジャム「2018年名曲ベスト10」三浦大知・星野源らランクイン 人気音楽プロデューサーが選出
宇多田ヒカル新作が世界中でランクイン、過去最高の勢い
倉木麻衣、20周年イヤー最初はウェディングドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加