パリ初のヌーディストレストランが開店から1年あまりで客不足のため閉店 服を着た店員に不満の声も

パリ初のヌーディストレストランが開店から1年あまりで客不足のため閉店 服を着た店員に不満の声も

  • ガジェット通信
  • 更新日:2019/01/12
No image

2017年にパリで初めてオープンしたヌーディストレストラン“O’naturel”が、来月に閉店することが決まりました。

同店は2017年11月にパリで初のヌーディストレストランとしてオープン。フランスにはおよそ460のヌーディストのためのキャンプ場・ビーチ・公園などがありますが、冬でも全裸で暖かく食事ができるのはこのレストランくらいなものということで開店当初は人気を集めました。

来店客はまずロッカールームで服を脱いで生まれたままの姿になり、カメラ付きの携帯電話なども預けなければなりません。20テーブルほどの店内では、ミニマリスト好みの質素な内装とは打って変わって、ラム肉やロブスター、フォアグラ、エスカルゴといった高級食材を使った本格的なフランス料理のコースディナーを提供。椅子のカバーは毎回取り替えられるなど衛生面にも配慮していました。しかし、法律により店員だけは服を着ていなければならなかったため、「ヌーディストレストランの精神に反する」と不満を漏らすお客さんもいたそうです。

歴史的に裸体主義への理解があるフランスでは、国内に270万人ものヌーディストがいると推計され、同店も彼らの需要をあてにしていたようですが、発案したオーナー自身がヌーディストでない時点で、やはりどこか理解が足りなかったのかもしれません。

動画:Nudist restaurant opens in Paris – BBC News(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=6KQFAilSP54[リンク]

参考までに、こちらは開店当時のニュース動画。お客さんの4割ほどは女性だったということですが、エロさはまったくなく、和気あいあいと食事を楽しんでいます。というか、えっちなことを考えるのはマナー違反とされます。

画像とソース引用:『independent.co.uk』及び『YouTube』より
https://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/paris-nudist-restaurant-closes-onaturel-naturist-france-shut-down-a8717466.html?utm_medium=Social&utm_source=Twitter#Echobox=1546963791

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす)※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レモンサワーが1杯100円!ポテトや唐揚げとセットで200円!?かっぱ寿司のハッピーアワー企画がお得すぎる!
乙女のハートをわし掴み♡ 『コンラッド東京』の「ストロベリールージュ・アフタヌーンティー」【 #いちご 16】
揚げたてサクサクの天ぷらに舌鼓!天ぷらバル「天よし」でビールや日本酒を楽しんで!!
東京・表参道にオープンしたばかりのティラミス専門店に行ってみた! あるいは似て非なるものについて
性についてゆっくり語れる空間!?TENGA初プロデュースのバー「BAR AGNET」3日間限定オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加