外国証券の寄り付き前の注文動向=760万株の買い越し

外国証券の寄り付き前の注文動向=760万株の買い越し

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/12/07
No image

7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り2370万株、買い3130万株で、差し引き760万株の買い越し。買い越しは6営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。売りセクターに、薬品、小売、化学、機械、電機、情報通信、その他製品、薬品など。買いセクターに、小売、建設、化学、自動車、電機、REIT、銀行、陸運など」(外資系証券)という。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1年間で「働きやすさ」が向上した企業 1位は......?
「白木屋」「笑笑」系、経営危機に...大量閉店に違法客引き、他社のモノマネ店量産の限界
「エージェントは企業と求職者の可能性を切り開く架け橋になれる」 アールストーン・小須賀陶子さんが大賞とオーディエンス賞の2冠
葬儀やお墓など、“終活”に関する情報のポータルサイト「終活ねっと」が8300万円調達
年末年始でも去年より1割以上安い航空券があるってホント?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加