最新ランキングをチェックしよう
金利上昇とドル高への対応がFRBの新たな課題となるか?

金利上昇とドル高への対応がFRBの新たな課題となるか?

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
 11月30日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)の総会で8年ぶりの減産が決まった。OPEC加盟国全体で生産量は日量3250万バレルに削減される。OPEC非加盟国は日量60万バレルの減産を計画している。OPEC総会での減産合意は難しいとの見方が広がっていたが、減産合意の報道を受けてドル買いが優勢となり、米長期金利は上昇した。 一方、市場関係者の間では、さらなるドル高は米国経済への

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
住友商事社長が語る、これからの「商社」のあり方
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
【大阪オートメッセ2018】さらに戦闘力UP!? 学生が作ったトヨタ「WILL VS」とは!?
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加