最新ランキングをチェックしよう
金利上昇とドル高への対応がFRBの新たな課題となるか?

金利上昇とドル高への対応がFRBの新たな課題となるか?

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
 11月30日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)の総会で8年ぶりの減産が決まった。OPEC加盟国全体で生産量は日量3250万バレルに削減される。OPEC非加盟国は日量60万バレルの減産を計画している。OPEC総会での減産合意は難しいとの見方が広がっていたが、減産合意の報道を受けてドル買いが優勢となり、米長期金利は上昇した。 一方、市場関係者の間では、さらなるドル高は米国経済への

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
同性婚を合法化すると10代の若者の自殺率が減少するとの調査結果
ニッポン警察史上“最速覆面パトカー”の正体は「スーパーチャージャー搭載360馬力の本気仕様マークX」
【ジュネーブモーターショー2017】プジョー、自動運転のPHV提案へ...INSTINCT
前代未聞...金融庁をブチ切れさせた三井住友HD、社長交代会見で「公開処刑」の晒し者
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ブッダ氏:Gmailに関連する銘柄
  • このエントリーをはてなブックマークに追加