大麻草から抽出されるCBDオイル。慢性痛と睡眠障害をケアするって本当?

大麻草から抽出されるCBDオイル。慢性痛と睡眠障害をケアするって本当?

  • MYLOHAS
  • 更新日:2018/07/10

アメリカでは突如としてあちこちで見かけるようになった「カンナビジオール(CBD)オイル」。

No image

寝る前にお茶にたらす、カプセルの形で飲む、電子タバコに入れるなど多くの使い方があり、うつ症状や慢性の痛みが軽くなる、深く眠れると言われています。CBDオイルは大麻草(カンナビス)から抽出されることが多いものの、薬物の「大麻(マリファナ)」のように「ハイになる(気分が高揚する)」作用はありませんし、もちろん「薬物常用者」だけが使うものでもありません。

「大麻草」は「アサ(麻)」とも呼ばれるアサ科アサ属の植物。英名「カンナビス」、学名「カンナビス・サティバ・L」と呼ばれています。麻の繊維をとるほかの植物、亜麻やジュートとは別物です。また世界的には、「マリファナ」というと「大麻草(カンナビス)」から作られた「薬物」だけでなく、この植物の名前である「カンナビス」の意味で使われる場合もあります。

でも、CBDオイルって正確にはどういうものなんでしょう? 一般的には大麻草の芽と花にある樹脂腺から抽出されますが、工業的には、「ヘンプ」からもとられます。(ヘンプは繊維をとるために品種改良した大麻草で、芽が小さく、テトラヒドロカンナビノール(THC:陶酔感をもたらす成分)濃度が0.3%以下)。抽出したCBDオイルは通常、MCT(中鎖脂肪酸)オイルなど別のタイプのオイルで希釈されます。

で、そのCBDオイルが一体どうしたというのでしょう?

まず、CBDオイルには幻覚作用はありません

No image

大麻草には80種以上の活性カンナビノイド化合物が含まれ、それが体内の特別な「受容体」と相互作用して影響を与えます。中でもTHCは、精神に作用する主要なカンナビノイド。脳内のCB1受容体と相互作用して陶酔感や多幸感をもたらします。

でもCBDの場合、同じCB1受容体との相互作用がTHCの100分の1と弱く、たとえこれらの受容体と結合しても、THCのように思考や知覚に作用を及ぼすことはありません。

それでも、不正にラベル表示された製品には、相当な量のTHCが含まれている危険があります。次に、そのあたりを詳しく説明します。

アメリカでは、CBDオイルの合法性は州によって異なる

医療用または嗜好用のマリファナが合法な29州では、CBDオイルも合法。さらに17州(アラバマ、ジョージア、インディアナ、アイオワ、ケンタッキー、ミシシッピー、ミズーリ、ノースカロライナ、オクラホマ、サウスカロライナ、サウスダコタ、テネシー、テキサス、ユタ、バージニア、ウィスコンシン、ワイオミング)が、CBDに関して特別に法律を設け、THC含有量と使用目的に関してそれぞれ独自に規制しています(例えば、ミズーリ州では、てんかんの治療にのみ使用可能)。

研究によると、CBDオイルは本当に健康によさそう

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、医療用として使用できるレベルのCBD製品、「エピディオレックス(Epidiolex)」の新薬承認申請を検討中です。この製品は、子どもが発症する2タイプのまれなてんかん、レノックス・ガストー症候群とドラベ症候群で起こる発作の治療に使われています。

さらに、動物実験と経験的証拠によると、CBDオイルは不安症や物質乱用障害から慢性痛、中枢神経系の病気にいたるまで、あらゆる症状の治療に効果があるかもしれません。いずれも有力な医学誌、ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)誌とランセット誌で報告された最近の2つの臨床研究では、ある種の発作を減らす効果があると証明されました。

とはいえ、人間を対象としたCBDオイルの研究はまだわずか。アメリカでは、カンナビノイドは規制物質法の「スケジュール1」(今のところ一般的に認められた医学的用途がなく、乱用の危険性が高い)に分類されていますから、カンナビノイドの研究・実験を行う場合は大量の文書を政府に提出しなければならず、とても多くの規制を受けることになります。

見た目通りとは限らないーーCBDオイルのラベル表示は不正が多い

現在、「CBDオイル」はドロッパー(スポイト)やカプセル入り、シロップ、お茶からローションやクリームなど、実にさまざまな形態で市販されています。でも、FDAはまだどのような目的でも、どのようなCBD製品も承認していませんから、CBD製品の生産、ラベル表示、供給は連邦規則の対象ではないわけです。

昨年、医学誌JAMA誌で報告された研究によると、インターネットで売られているCBD製品の3分の2以上が、ラベル表示より高いか低いCBD含有量でした。中には、相当な量のTHCを含むものも。

「現在手に入るCBD製品の安全性と信頼性は、生産された州しだいという部分もあります」と、アイオワ州ドレイク大学薬学・健康科学部臨床科学部の部長で教授のティモシー・E・ウェルティさん(てんかんの専門誌、エピレプシー・カレンツ誌で報告されたCBDに関する2014年の総説論文の共著者)。

「ミネソタ州やアイオワ州など、州政府がCBD生産を規制しているところでは、純度や含有量、強さについて製品を試験しているため、いくらか信頼できます。しかし、生産が規制されていない州では、CBD製品に何が含まれているか、明確に知る術はありません。研究によると、そのような製品には不純物や農薬、カビが含まれていたり、ラベルに表示されている量のCBDが含まれていなかったりする可能性があります」(ウェルティさん)

CBDの副作用も考える方がよさそう

昨年発表された世界保健機関(WHO)の暫定的な報告書では、「いかなる公衆衛生上の問題も......純粋なCBDの使用に関連しない」とされ、依存性や乱用の危険は示されていないと述べています。でも、実際に副作用の報告があるのです。先ほど引用したNEJM誌とランセット誌の2つの研究では、ウェルティさんによると、「最も多い副作用は吐き気、嘔吐、下痢、膨満感でした。しかし、(NEJM誌の研究では)参加者のおよそ10%で肝機能の変化が見られ、これは毒性を示す可能性があります。両研究で参加者のおよそ3%が、おそらくは肝臓障害のせいで、CBDを中止しなければなりませんでした」。

さらに、「CBDとほかの一般的な薬との薬物相互作用があることは明らかです。相互作用の中には、毒性やほかの薬の重大な副作用につながるものもあり得ます」(ウェルティさん)

まとめ:CBDについては、学ばなければならないことがたくさんある

CBDの健康効果に関する知識、そしてCBDの使用を承認、規制するための公的支援は増えつつあります。でも当面、いちばんの対処法はごく一般的なものでしょう。ラベルを注意深く読んで、リラックスする場合も慎重にすることです。

Lauren Oster/What Is CBD Oil—and Will It Really Relieve Your Chronic Pain and Sleep Problems?

訳/STELLA MEDIX Ltd.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
覚悟していたはずなのに...田舎に嫁いで後悔したこと9パターン
「女って分からない...」男性が頭を抱える女子あるある part2
【意味不明】ドミノピザで1枚注文すると “2枚無料” のキャンペーンを実施中! 割引金額にビビったッ!!
エロさ爆発!“九州の太陽”佐藤あいりと巡る混浴温泉〜熊本・黒川編〜
男性には見せられないほどヤバイ? 「女子更衣室で見かけたブス」に衝撃走る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加