国学院久我山が全国切符、昨年抽選の悔しさ晴らした

国学院久我山が全国切符、昨年抽選の悔しさ晴らした

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

前半18分、相手タックルをかわしトライを決める国学院久我山WTB槙(撮影・野上伸悟)

<全国高校ラグビー東京大会:国学院久我山29-5東京>◇決勝◇12日◇江戸川区陸上競技場

国学院久我山が東京第2地区代表として、2大会ぶり41度目の全国大会(12月17日開幕、大阪・花園)への切符をつかんだ。

昨年の決勝では、明大中野と19-19で引き分け、両校優勝となったものの抽選の結果花園出場を逃した。高校日本代表メンバーでもある主将大石康太(3年)は「去年の悔しさもありますけれど、それ以上に今のメンバーで勝つことを考えてきた。準決勝、決勝と1つずつトライを許してしまったので、守備面では不満足です」と振り返った。

6月初旬から11月5日まで、同校のグラウンドは改修工事のため利用できなかった。東京大会準決勝翌日から使えるようになり、土だったグラウンドには新しく人工芝が敷き詰められた。「芝にもなって、新しいグラウンドでの初日の練習ではやっとできるとのみんなの思いが爆発して喜び合いました」。グラウンドが使えない期間は1対1でのフィジカルの強化に重点を置いてきた。「あと1カ月、新しいグラウンドで練習を積んで、チームの成長につなげたい」と笑顔だった。

土屋謙太郎監督(55)も「花園ではうちの強みである縦の強さと、BKとFWの連係プレーを発揮したい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
ヤバさしかない...「ドザえもん展」開催
「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”
ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
ブルゾンちえみ、小学生時代の写真公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加