Chrome増加 - 12月タブレットブラウザシェア

Chrome増加 - 12月タブレットブラウザシェア

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/01/04
No image

Net Applicationsから2018年12月のタブレットブラウザのシェアが発表された。2018年12月はGoogle ChromeとAndroid Browser、UC Browserがシェアを増やし、Safariがシェアを減らした。2018年12月はAndroidがシェアを増やしており、Chromeの増加とSafariの減少はその影響を受けたものと見られる。

タブレットデバイス向けのブラウザについては、年末年始にChromeのシェアが増加し、逆にSafariのシェアが減少する傾向が見られる。これはAndroidとiOSのシェアがこの時期に逆転するためと見られる。タブレットデバイスではブラウザのシェアはOSのシェアに強く関係しており、OSのシェアがそのままブラウザにシェアに表れる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エイシング、独自AIアルゴリズムを搭載した半導体の提供を開始
トンガの海底ケーブルが断線して携帯電話もインターネットも使えず...「国家の危機」との声も
MacBook Proの一部に画面が点灯しなくなる不具合、原因はケーブルの耐久性か
テレワーク導入企業の増加で注目を集める「万能テレカンアプリ」
新型PloomTECH(プルームテック)の発表キターッ! 2モデル登場で発売開始は1月29日と判明ッ!!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加