電通大、磁石を金属に近づけた際に生じる磁場による量子化の計算手法を発見

電通大、磁石を金属に近づけた際に生じる磁場による量子化の計算手法を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/10/21

電気通信大学(電通大)は、磁石を金属に近づけた際に生じる磁場中の量子化エネルギーの計算がヴェルナー・ハイゼンベルクによる「行列力学」の手法を用いることで導き出せることを発見したと発表した。

同成果は、同大大学院基盤理工学専攻の猪崎優喜氏(博士後期課程2年)と同 伏屋雄紀 准教授らによるもの。詳細は、米国物理学会が発行する学術誌で、物理学全領域を扱う速報誌「Physical Review Lett

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加