「クロノス・ジョウンターの伝説」舞台挨拶、監督は“俳優”下野紘を絶賛

「クロノス・ジョウンターの伝説」舞台挨拶、監督は“俳優”下野紘を絶賛

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/01/12

映画「クロノス・ジョウンターの伝説」のオープニングプレミア上映が、「第4回秋葉原映画祭2019」の一環として本日1月12日に東京・神田明神ホールにて実施された。上映後の舞台挨拶には主演の下野紘井桁弘恵、監督を務める蜂須賀健太郎、プロデューサーの大橋孝史が登壇した。

No image

左から蜂須賀健太郎監督、下野紘、井桁弘恵。下野と井桁は劇中の衣装を身につけて登壇した。

すべての画像・動画を見る(全19件)

No image

梶尾真治による同名小説を原作とする映画「クロノス・ジョウンターの伝説」。下野演じる主人公・吹原和彦は、物質を過去に送ることができる機械“クロノス・ジョウンター”の開発に成功するが、彼が思いを寄せていた井桁演じる花屋の店員・蕗来美子が事故で亡くなってしまったことから物語が動き出す。実写映画で初主演を務めた下野は「以前、ある作品で監督とご一緒させてもらったときに『ぜひ今度下野さんで映画を撮りたい』と仰っていただいて、僕の中では社交辞令だと思ったんです(笑)。それが本当だったものですから」と振り返り、「今までドラマに出演させていただいたことはあるんですが、それとも違う雰囲気で。責任重大だなって、プレッシャーはすごく感じました」と初主演の感想を語った。

No image

本作が5日間で撮影されたことを下野が明かし、観客から驚きの声が上がる中、蜂須賀は「本当に忙しい方なのにセリフを全部頭に入れてきて、撮影中に演技のリクエストを出しても、すぐ飲み込んで直してくれて……」と下野の俳優としての仕事ぶりを絶賛。ほとんどがワンシーン・ワンカットでの撮影で、中にはテストとして撮影したものがそのまま採用されたシーンもあるという。蜂須賀は「カメラリハーサルをしないでいきなり本番、みたいな撮り方もしたんです。下野さんも井桁さんもすごく勘がいいし、お芝居も本当に上手なので、そういう綱渡りみたいなことができた」と話し、「大橋さんはじめ、スタッフ陣には普通じゃないくらいハードなお願いをしてしまって。すごくクルーに恵まれました」と感謝を込めて語った。

No image

「タイトなスケジュールだったからこそ、機転を利かせた部分もあって」と切り出した下野は「雨が降っているシーンがあるじゃないですか。あれ“ガチ雨”なんです。本当の雨にずっと打たれながら撮ったんです」と現場のエピソードを披露。さらに司会者から裏話を尋ねられると「我々の出会いですよね」と井桁と顔を見合わせ、「今回が初めましてだったんですが、ラストシーンから最初に撮るっていう……」と明かし、客席からは再び驚きの声が上がった。井桁が「びっくりしましたよね(笑)。私もすごく緊張しました」と続けると、下野は「全然そんな雰囲気なかったですよ! (それに比べて)俺は何をこんなにどぎまぎしてるんだろう?って(笑)」と当時の心境を振り返った。

No image

舞台挨拶終盤、司会者から本作の内容に絡めて「1回だけ戻れるとしたら、いつに戻って何をやり直したいですか?」と質問が投げかけられる。すると下野は「ああ……」と頭を抱え、「井桁さん先にお願いします」と先を譲る。井桁が「強いて言えば中学時代に戻りたいです。反抗期で、お父さんに冷たくしちゃったんですよ。今は父とも話すことが増えて、『なんであんなに冷たくしちゃったんだろう』って後悔することが多くって……」と話すと、「でも生物学的には正しいらしいですよ」と反抗期について解説を始める下野。それを聞いた井桁が「じゃあ戻らなくて大丈夫です!」と答えると、客席からは笑いが起きた。

No image

そして下野は「5年から10年の間だったと思うんですが、詳しいことは酔っぱらっていたのであまり覚えていないんです」と話し出し、「翌朝飛行機で大分に行かなければならない日に、先輩に誘われて飲みに行ったんです。3軒目まで行ったときに、頼んでいないテキーラが来て、それを飲んだらもう記憶がなくなりまして」と泥酔エピソードを明かした。「目が覚めたら財布もなくなっていて、先輩に電話してお金を借りて、大分に飛んで……ということがあったので、あのテキーラを飲む前に戻りたいです! みなさんもお酒には注意してください!」と力強く呼びかけた。

最後に井桁は「4月から公開されるということで、また多くの方に観て楽しんでいただけたらいいなと思っています」と挨拶。下野は「公開までまだ時間はありますが、声優業界のほうでもけっこう話題になっていますので(笑)、『クロノスやるんだ』って思い出してもらいつつ、ぜひたくさんの方に見ていただけたらうれしいです」と舞台挨拶を締めくくった。

映画「クロノス・ジョウンターの伝説」

2019年春公開

スタッフ

原作:梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」(徳間書店刊)
監督:蜂須賀健太郎
製作:松井智、鈴木ワタル
企画・プロデュース:大橋孝史
プロデューサー:高口聖世巨、横山一博、岩村修
アシスタントプロデューサー:馬場基晴
脚本:太田龍馬、蜂須賀健太郎
撮影監修:高間賢治
撮影:古屋幸一
照明:石川欣男
録音:新井希望
編集・VFX:細沼孝之
音楽:YU NAMIKOSHI
美術:安本依里花
助監督:山之内優
制作:中村光耶
ヘアメイク:小倉友花
特殊造形:土肥良成
メイキング:寺島明智
製作:ハピネット パル企画
制作プロダクション:モバコン
配給:パル企画

キャスト

下野紘、井桁弘恵、尾崎右宗、岩戸秀年、五十嵐健人、寺浦麻貴、赤山健太

(c)梶尾真治/徳間書店・映画「クロノス・ジョウンターの伝説」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ROMA」がアカデミー賞最多10部門ノミネート、「女王陛下のお気に入り」が続く
第91回アカデミー賞、最多ノミネート作品は?
第91回アカデミー賞、『ROMA/ローマ』『女王陛下のお気に入り』が最多10ノミネートで並ぶ
第91回アカデミー賞ノミネーション速報 授賞式はWOWOWで生中継
『ボヘミアン・ラプソディ』アカデミー賞5部門ノミネート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加