帝国データバンクとSansanが提携、企業情報と名刺情報をマッチング

帝国データバンクとSansanが提携、企業情報と名刺情報をマッチング

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

帝国データバンク(TDB)とSansanは10月17日、両社の情報サービスにおける包括提携契約を締結したことを発表した。

両社は今回の業務提携を通じて共同事業を創出し、TDBが提供する企業情報サービスとSansanが提供する名刺管理サービス「Sansan」「Eight」を連携させることにより、日本最大のビジネスインフラの構築を目指すとしている。SansanおよびEightの名刺情報データベースと、TDBが提供する企業情報データベース、企業間取引データをマッチングさせる機能の開発を予定している。

TDBの「企業間取引データ」は、企業信用調査報告書等に収録の取引情報を分類したデータで、70万社・500万取引をデータ化したもの。一方、SanSanは組織内の名刺をデータベース化してシェアする法人向け名刺管理サービス「Sansan」、個人向け名刺アプリ「Eight」を提供。SanSanの導入企業は4000社を超えているほか、Eightのユーザーは100万人に上る。

No image

マッチングのイメージ

また、個々のユーザのビジネスにおける人との接点(つながり)の基盤である名刺情報に企業情報を統合する環境を整備し、よりビジネスに結びつく機能を提供する。また、今後はAIによる営業先の自動提案機能や、新たなビジネスモデルの開発を検討していく方針。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施
【天才かよ】Amazonが「レジのないコンビニ」をオープン! 商品を持ち帰るだけで清算完了!!
もう、レジの行列に並ばない!?Amazonの新型スーパーがシアトルに来年オープン!
Googleが初めて独自開発したハイエンドスマホ「Pixel」実機レビュー
レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加