BMW 2シリーズ・アクティブツアラー / グランツアラー 改良新型、新世代エンジン搭載

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー / グランツアラー 改良新型、新世代エンジン搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/12
No image

BMW 2シリーズのアクティブ / グランツアラー 改良新型

もっと画像を見る
BMWは1月10日、『2シリーズ・アクティブツアラー』、『2シリーズ・グラン ツアラー』の改良新型モデルを欧州で発表した。

両車は、BMWブランド初のFF車、そしてMPV。2列シートの5名乗りが「アクティブツアラー」、3列シートの7名乗りが「グランツアラー」となる。

ロング版のグランツアラーの場合、ボディサイズは全長4556mm、全幅1800mm、全高1608mm。アクティブツアラーよりも全長はおよそ200mm長く、全高もおよそ60mm高いハイルーフデザイン。それに伴い、後部ドアやリアゲートが専用設計された。

今回、両車がデビューおよそ3年を経て、初の本格改良を実施。外観は、前後バンパーやキドニーグリルのデザインを変更。ヘッドライトには、アダプティブLEDがオプション設定される。インテリアは、メーターやシフトレバー、シート地などのデザインが見直された。

パワートレインには、燃費や排出ガス性能を高めた新世代エンジンを、ガソリン、ディーゼルに採用。ターボやバルブトレイン、クランクシャフトなどを新設計。最も燃費性能に優れる仕様で、欧州複合モード燃費23.3km/リットルを実現している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
個人投資家・有限亭玉介:やっぱりこの株が熱い!注目テーマ株などズラリ!【FISCOソーシャルレポーター】
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
ラーメンからステーキへ 幸楽苑の「いきなり」業態変更へ各社注目
債務残高対GDP、25年後に350%超となる確率は約43%
日本初「トンネルカード」誕生! 船越隧道など10か所厳選 集めるとレアカードも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加