【ローズS予想】井上は有力馬からの“降板”に燃えるあのジョッキー騎乗馬を激推し

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16

「ローズS・G2」(17日、阪神)

人気のモズカッチャンはフローラSでオークスの優先出走権を獲得し、本番も2着と健闘。和田竜二騎手は完璧な騎乗で期待以上の結果を残したが、今秋はM・デムーロ騎手と新コンビを組む。乗り代わりを宣告された翌週、中京で和田Jが勝ったのが◎ラビットランだ。「自分にも意地があるから」。ローズSのV、秋華賞制覇に闘志を燃やすのも、ジョッキーなら当然だろう。

初芝の前走が圧巻だった。「ダートを除外されて使ったレース。芝であんなに走るとは思わなかった」と驚くのは角居勝彦調教師。勝ち時計も、同日の1000万特別よりも0秒3遅いだけなら悪くない。

最後方から大外一気。上がり3F33秒0の末脚にはインパクトがあった。和田騎手は「弾んでいて、それこそラビット」と芝向きの走法にほれ込む。距離の1F延長にも「坂で止まる感じじゃなかったから大丈夫。後ろから行かないとダメって馬じゃない。出た感じでポジションを取りたい」と自信は揺るがない。ダートも走るぐらいだから力を要する道悪も心配無用。勝負駆けに期待する。(デイリースポーツ・井上達也)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
終わりのサイン!? 「別れが近いカップル」のLINE
イイ男が欠かさずしているエッチ後の言動5選 彼はできている?
【あなたならどうする?】飛行機で知らない女性が「足が痛い。席を譲って」→ 断った結果...その理由がもっともだと話題に
菅田将暉の父、息子を利用したメディア露出に批判の声多く
セクシーすぎるビキニ美女11人と板尾創路の衝撃カットが公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加