中村優一、主演ドラマの舞台を表敬訪問「品のある雰囲気とエキストラ」に驚き

中村優一、主演ドラマの舞台を表敬訪問「品のある雰囲気とエキストラ」に驚き

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/12/05
No image

BSジャパンにて2018年1月よりスタートする新ドラマ『最後の晩ごはん』(毎週金曜23:30~)で主演を務める中村優一が、作品の舞台となる兵庫県芦屋市の市長を表敬訪問した。

中村優一、芸能活動休止に追い込まれた若手俳優役に「不思議な親近感」

原作シリーズが60万部を突破した、椹野道流(ふしのみちる)著「最後の晩ごはんシリーズ」を実写ドラマ化した本作。ねつ造スキャンダルで芸能活動休止に追い込まれた若手俳優の五十嵐海里(中村)は郷里の芦屋に戻り、定食屋の主人・夏神留二(杉浦太陽)に救われる。俳優業を離れ夏神の店「ばんめし屋」で働くことになった海里だったが、その店にやってくるのはなんと幽霊の客で……。

今回のドラマ化を受け、山中健市長は「こんな嬉しいことはありません。以前からドラマ化が出来たらいいなと思いながら読んでおりましたが、今回素晴らしい演者さんにも恵まれてまた一つ芦屋の名前が広がればと大変嬉しく思っております。多くの市民の皆様をはじめ全国の皆さんに見ていただきたいと思っております」とコメント。

原作者の椹野も「ドラマ化の話を聞いた時、お店の設定もすべて東京の方の設定に変えられるだろうと覚悟していたのでまさか芦屋の設定を活かしてくれるとは思いませんでした。ありがたい気持ちでいっぱいです」と感激。それには、すかさず千村監督から「あんなに原作に芦屋の話がたくさん出てきたら変えるに変えられませんよ!」とツッコミが入った。

また、初めて芦屋を訪れた中村は「空気がきれいで芦屋川や六甲山など素敵な風景があるところだと思いました。品がある雰囲気の場所だと思っていましたがエキストラに協力してくださった方々まで品がある方ばかりでイメージ通りで驚きました」と印象を。さらに、「原作には実際の芦屋の風景がたくさん出てくるので、“ばんめし屋”のある場所など、芦屋に来たからには絶対に見ようと思っている所がたくさんあります」と話していた。

さらにこの度、主題歌を神戸出身のアーティスト・DEPAPEPEが担当することも発表された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神木隆之介&小関裕太は“イイ男”か“悪い男”か!? AbemaTVに初出演
『ひよっこ』再結集の『ユニバーサル広告社』が“激コケ”! 沢村一樹は代表作『DOCTORS 最強の名医』で復権なるか
岡村隆史『ぐるナイ』クビで「大阪に帰る」宣言
【逃げろ】2018年の正月が心の弱い人を全力で殺しに来てる件
安室奈美恵、NHK特集を再放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加