最新ランキングをチェックしよう
200万年続いた「雨の時代」が恐竜の進化の引き金になったかもしれない

200万年続いた「雨の時代」が恐竜の進化の引き金になったかもしれない

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/12/04

By AzDude
現代の約2億5000万年前から約5000万年続いた三畳紀の時代には、「200万年に渡る雨の時代」が存在したと考えられています。そんな雨の時代に「多数の恐竜が登場した」という説が存在します。
Did a million years of rain jump-start dinosaur evolution?
https://www.nature.com/articles/d415

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NASAのMars 2020探査車が初めての試運転で大成功!
イカに3Dメガネをかけ3D映像を見せるとどうなる?興味深い実験が行われる(米研究)
「じんましん」を数式で表現することに成功、広島大学
深海でワニの死体を貪る「新種のゾンビワーム」が発見される
木星が彗星を地球に送り込んできているらしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加