200万年続いた「雨の時代」が恐竜の進化の引き金になったかもしれない

200万年続いた「雨の時代」が恐竜の進化の引き金になったかもしれない

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/12/04

By AzDude
現代の約2億5000万年前から約5000万年続いた三畳紀の時代には、「200万年に渡る雨の時代」が存在したと考えられています。そんな雨の時代に「多数の恐竜が登場した」という説が存在します。
Did a million years of rain jump-start dinosaur evolution?
https://www.nature.com/articles/d415

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加