【報ステ】セクハラ疑惑対応に与党からも異論の声

【報ステ】セクハラ疑惑対応に与党からも異論の声

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/18
No image

動画を見る(元記事へ)

福田事務次官のセクハラ疑惑をめぐり、財務省は、被害を訴える女性記者に対し、顧問契約している弁護士に申し出るよう要請している。麻生財務大臣は公開されている音声について「福田次官かなという感じはした」と話す一方で、「本人が申し出てこなければどうしようもない」と述べ、女性記者が名乗り出ないと事実関係は確認できないとしている。これに対し、立憲民主党・枝野代表は「本人に名乗りを上げろと強圧的な姿勢で言うこと自体が深刻な問題だ」と批判した。また、与党からも異論の声が上がっていて、野田総務大臣は「私たちがやるべきことは被害者の保護。加害者側の関係者に話しにいくのは普通できない」と述べ、自民党・橋本参院議員会長は「今回のやり方に納得できないという声が非常に多かった。冷静に分析する必要がある」と語った。こうしたなか、福田次官は無言を貫いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
希望の党解党:初心に戻り思うこと
不祥事続発、改憲見通せず=安倍首相意欲も揺らぐ足元
【自民党総裁選】竹下亘・竹下派新会長「財政再建やる人になってほしい」
【報ステ】麻生財務大臣 テレ朝側に説明求める方針
  • このエントリーをはてなブックマークに追加