ケン・ローチ日本未公開&未ソフト化の初期作を川崎で特集上映

ケン・ローチ日本未公開&未ソフト化の初期作を川崎で特集上映

  • ナタリー
  • 更新日:2016/11/30

特集上映「ケン・ローチ初期傑作集」が、12月3日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで行われる。

すべての写真を見る(全5枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全5枚)

No image

これはケン・ローチのデビュー50周年を記念して、ローチが1966年から1981年に手がけた初期作品5本をフィルムで上映するもの。イギリス北部のシェフィールドを舞台に失業問題を描いた青春ドラマ「まなざしと微笑み」、保守的な家庭環境の中で追いつめられた少女が精神を病んでいく「家庭生活」、狩猟用のキジを飼育する主人公の日常生活を1年間にわたって追う「狩場の管理人」、18世紀のヨークシャーを舞台にした時代劇「ブラック・ジャック」、BBC時代に制作したドラマ「キャシー・カム・ホーム」がスクリーンにかけられる。すべて日本未公開かつ未ソフト化の貴重な作品だ。

なお、ローチの新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」が、2017年3月18日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

ケン・ローチ初期傑作集

2016年12月3日(土)、10日(土)、11(日)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)神奈川県 川崎市市民ミュージアム
<上映作品>
「まなざしと微笑み」
「家庭生活」
「狩場の管理人」
「ブラック・ジャック」
「キャシー・カム・ホーム」
料金:一般 600円 / 大学・高校生、65歳以上 500円 / 小・中学生、会員 400円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」リブートへ
芸能ジャーナリストによるサテライト・アワード!テレビ部門ノミネーション
ローラがミラ・ジョボビッチに銃を向ける!「バイオ」完結編、緊迫の初登場シーン
反捕鯨『ザ・コーヴ』に問題提起!日本人監督のドキュメンタリー
恋愛映画の匠・行定勲が語る「日活ロマンポルノのエロスと哀愁」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加