焼肉はタンからというあなたへ!とろける美味しさの極みタン発見!

焼肉はタンからというあなたへ!とろける美味しさの極みタン発見!

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2018/09/20

焼肉なら最初はやっぱりタンですよね?結局のところ、タンが一番好きという人も多いのでは?

そんなあなたにぴったりの、とにかくタンが食べたくて堪らない日に訪れたい名店を発見!

美しいビジュアルで登場する「極タン」を提供する『焼肉 ますお』の魅力をお伝えしよう。

No image

「ますお・極タン」(1人前2,200円)※写真は2人前

最強のビジュアルで登場する極タンは必食!

東新宿駅から徒歩すぐに位置する『焼肉 ますお』。同店を訪れたならまずオーダーしたいのは「極タン」だ。

同店が用意する「ますお・極タン」は、タンの中でも一番脂がのっているタン中と呼ばれる部位を使用。

そんな極上タンが美しく盛りつけられた皿を見た瞬間に、タン中の柔らかさが視覚を通して伝わってくる。

No image

ジュージューと焼けていく福音が心地いい!

五感を刺激する焼きシーンが食欲を刺激

迫力のビジュアルに食欲を刺激されながら、ロースターへタンをダイブさせる。

熱し始めれば、タンの表面には良質な脂がとけだし、艶をたたえながらジュージューと音を立て、美味しさを伝えて来るではないか。

焼き加減は好みだが、あまりカリカリに焼きすぎると、せっかくのジューシーさがそこなわれるので、両面程よく火が通ったあたりで召し上がれ。

No image

ぜひ塩昆布ものせて味わってみて欲しい

塩昆布をのせればさらに美味しさがアップ

ほどよく焼けたところで、パクリと一気に頬張ればタンの舌に寄り添うような滑らかな食感とともに良質な脂がジュワリと溢れ出し、噛むほどにタンならでは旨みが増していく。

食べ方はお馴染みのレモンのみでもいいが、塩昆布を少しタンの上にのせて味わうとこれがまた美味。タンには味付けが施されていないので、塩昆布をのせることでタン塩へと変化させることができるのだ。

バリエーション豊か!映える焼肉屋だ!

No image

「尾崎牛の赤身刺し うにといくらを乗せて」(1人前2,300円)※写真は2人前

稀少な尾崎牛の刺身を味わえるのも魅力

こんな絶品タンを味わえる『焼肉 ますお』は、“幻の赤身肉”とも呼ばれる「尾崎牛」を生肉で味わえることが最大の魅力。

「尾崎牛」とは、尾崎宗春さんが経営する株式会社牛肉商尾崎で生産されている牛肉のこと。

「毎日食べてもしつこくなく、次の日もまた食べたくなるような牛肉を」という目標を掲げ、1ヶ月にわずか40頭(海外20頭、国内20頭 ※2017年4月時点)しか出荷しないという稀少な牛肉なのだ。

No image

大葉の爽やかな香りもほどよいアクセントに

この美味しさにノックアウト!贅を極めた逸品がコレ

尾崎牛の刺身を使用したメニューの中でも人気は「尾崎牛の赤身刺し うにといくらを乗せて」。生食用の尾崎牛のもも肉をオーダーが入ってから切り、大葉、うに、いくらをのせた一品。

あっさりとした脂が特徴の尾崎牛。尾崎牛の刺身だけでも充分美味しいにも関わらず、そこにうに、いくらという最強コンビがのるのだから訪れる人のほぼ全員がオーダーするというのも頷ける。

あっさりとしていながらも旨みの強い尾崎牛に、うにといくらの旨みがプラスされ、いくらでも食べられそうである。

No image

「尾崎牛の寿司五貫盛り合わせ」(3,280円)※写真手前から赤身二貫、漬け、とろ、炙り

尾崎牛の寿司で部位毎の旨さの違いを堪能

続いて紹介したいのは「尾崎牛の寿司五貫盛り合わせ」。生食用の尾崎牛のモモ肉のさらに細かな部位にわけ、その違いを味わうことができる一品。

中でもおすすめは、わさびとともに味わう「とろ」。ジューシーながらもすっきりとした尾崎牛の特徴を堪能させてくれる。

他にも、いくらをのせて味わう脂が少ない「赤身」は、尾崎牛本来の旨みを感じられ、とろを炙り、おろしネギ醤油をのせた「炙り」は、抜群の火入れ加減でとろけるような美味しさだ。

No image

「冷麺」(1,000円)

〆のメニューも名物揃い!迷ったら「冷麺」がおすすめ

たっぷりと焼肉や尾崎牛の刺身を堪能したら、〆にはぜひ「冷麺」をオーダーして欲しい。

「世界一の冷麺」と自負するほど自慢の逸品。こだわりは、毎日5時間かけて仕込まれる自家製のスープ。あっさりとしていながらも、熟成された旨みを感じるスープは、一気に飲み干せてしまいそうになるほど絶品。

他にも、「尾崎牛の漬け丼」(1,500円)や「尾崎牛のゆっけビビンバ」(1,680円)など〆も目移り必至の名物揃い。

極タンはもちろん、尾崎牛の美味しさを余すところなく堪能できる『焼肉ますお』。ぜひ、肉が食べたくて堪らない日に訪れて、この悶絶級の美味しさを堪能して欲しい。

No image

ダウンライトの灯るシックな店内

No image

個室は全5部屋あり、2名~利用できるのも嬉しい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銀座でスイーツタイム!日本茶の名店の抹茶パフェ3選
NY土産でマスト! あの“絶品ブラウニー専門店”日本2店舗目がこの秋オープン
本場蘭州の職人が作る20種類以上の香辛料がキメ手!「一品居 蘭州牛肉麺」
【神保町】ケーキの美味しいカフェ8選
ビュッフェ、スイーツ、カクテルetc... 10月のANAクラウンプラザホテル福岡はハロウィン一色!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加