平昌五輪で日本選手がドーピング陽性

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/13

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2018年2月13日、ショートトラックスピードスケート日本代表の斎藤慧選手がドーピング検査で、利尿作用などがあるアセタゾラミドに陽性反応を示したと発表、暫定的な資格停止処分を下した。斎藤選手は自ら今回の処分を受け入れ、すでに選手村を去っている。

時事通信によると、斎藤選手は日本選手団を通じて「今回、このような検査結果が出たことに大変驚いています。ドーピング(違反)を行おうと考えたことはこれまでに一度もありません」とコメントしている。

斎藤選手は神奈川大学所属の21歳。2014年の全日本ショートトラック距離別選手権大会1000mで優勝した経験を持っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平奈緒に敗れた韓国の李相花、試合当日に睡眠を妨害されていた?韓国で波紋広がる
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
そだねー! カーリング女子にあやかって、「赤いサイロ」でおやつタイムしてみた
【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など
<平昌五輪>オランダ選手の記者会見での発言、韓国人の怒り買う―中国紙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加