土屋太鳳「素敵な大人になりたい」、黒木瞳との初対面に感無量

土屋太鳳「素敵な大人になりたい」、黒木瞳との初対面に感無量

  • RBB TODAY
  • 更新日:2017/08/15
No image

土屋太鳳「素敵な大人になりたい」、黒木瞳との初対面に感無量

もっと画像を見る
女優の土屋太鳳と黒木瞳が12日、都内にて開催されたアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台挨拶に登壇し、土屋が黒木との初対面に感激した。

同作は、『最強のふたり』の製作陣が初のアニメ映画に挑み、『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などの名作アニメーションを世に出してきたアニメーターと、パリ・オペラ座の芸術監督が集結し、花の都パリを舞台にバレリーナになる夢を追いかける少女の姿を描いた物語。バレエへの情熱と勇気だけは誰にも負けない、踊ることが大好きな元気いっぱいの主人公フェリシーの日本語吹き替えを土屋が、元バレリーナのオデットの日本語吹き替えを黒木が演じる。8月12日、全国ロードショー。

ミニワンピから美脚を覗かせて登壇した土屋は、この日が黒木と初対面。「お会いすることが本当に嬉しいです」と笑顔を弾けさせた。日本語吹き替え版で黒木の声を聴いた感想を、「声として日本語版の命が吹き込まれたと実感しました。本当に感動しました」と声を弾ませた。黒木との対面を果たし、「素敵すぎて胸がいっぱいです」と心境を言葉にした。

また。土屋は「憧れの方でしたので、すごく緊張していたのですが、先程、『緊張します』と言ったら、(黒木が)『でも、楽しもうね。みんな楽しんだ後だから、キラキラしよう』とおっしゃって下さって、すごく心が明るくなりました」と目を輝かせた。

イベントでは、土屋に、「今、かなえたいと思っている夢は?」との質問が向けられる一幕があった。土屋は先日、開催された同作の完成披露イベントに、同じく日本語吹き替え版の声優を担当した女優の夏木マリとも共演したが、「夏木マリさんや、黒木瞳さんのように、女性としても、女優としても、素敵な大人になりたいと改めて思いました」と胸をときめかせた。

そんな土屋に、黒木は「そういう思いがあったら、きっとかなうから、頑張って頂きたいと思います」とエール。「私たちも益々、頑張らないといけないと思います」と身を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「フジテレビに愛のムチ」 言い切った松本人志に反響
ピース綾部、報じられない深刻な現状
プチ整形告白の坂口杏里に続くか?奇行癖で不安視される”朝ドラ女優”
有吉弘行「インチキ」霊感タレントを猛批判
ゆうきゆう先生「もしも「性欲」がなくなったら、こんな世界になります」 ツイートに反響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加