巨人菅野が7回2失点力投「次も僕」阪神直対に意欲

巨人菅野が7回2失点力投「次も僕」阪神直対に意欲

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

阪神対巨人 引き分けに終わり、池田(左)とタッチを交わす菅野(撮影・清水貴仁)

<阪神2-2巨人>◇14日◇甲子園

巨人菅野智之投手(27)が、粘りの投球で延長12回の引き分けを呼んだ。

初回2死二、三塁から大山に2点適時打を許したが、2回以降は無失点投球を続けた。初回は35球を要すも、以降は全て1イニング12球以内とストライクゾーン勝負で球数を操った。7回103球、6安打2失点で降板。エースの力投に打線が応え、9回に同点となり黒星はつかなかった。

「阪神とは3回目の対戦ですが、チーム全体で対策を打ってきた感じがありました。ただ、7回2失点は悲観する内容ではない。阪神との直接対決はあと3つ残っているし、たぶん次も僕が投げると思う。見るところは2位。全部勝ちにいきます」と次回登板を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
リーグV奪回ホークス、なぜ強い?
ハム大谷V弾、DeNA大勝/23日プロ野球まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加