本体を回して蓄電!変わり種モバイルバッテリー「HandEnergy」

本体を回して蓄電!変わり種モバイルバッテリー「HandEnergy」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/12/01
No image

アイルランドのスタートアップBe.Energyが、変わり種のモバイルバッテリーを、クラウドファンディングサイトKickstarterに出品している。

すでに太陽光発電エネルギーを蓄電するタイプのモバイルバッテリーは一般的になった印象があるが、今回紹介する「HandEnergy」はユーザー自身の力でエネルギーを生成し、蓄電する。

仕組みは、本体の動きをジャイロスコープが感知すると、内部でローターが平均5,000RPMの速度で回転し、エネルギーを生成するというもの。なんだか小難しい話にも思えるが、ユーザーがやるべきことは、同アイテムをゆっくりと手首を使って回すのみだ。

専用のモバイルアプリで、どれだけ内部のローターが回転したか、生成エネルギーはどれくらいかを計測することも可能。結果を友人たちと共有することもできるので、なんだか対抗心も湧いて、俄然やる気が出ること必至だ。USB出力(5V/1A)なので、様々なデバイスの充電に対応する点も魅力。

「HandEnergy」のバッテリー容量は1,000mAhで、満充電にはローターが40~60分間、回転する必要がある。本体サイズは高さ70.7 mm×幅72.8 mmで、重量は380グラム。定価は99ユーロ(約1.2万円)だが、本稿執筆時点では早期割引が適用され、79ユーロ(約9千円)から入手が可能。ユーザーの手元には、2017年5月頃に到着予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン
Instagramにコメント無効化やフォロワー削除など、快適に使うための新機能追加
【天才かよ】Amazonが「レジのないコンビニ」をオープン! 商品を持ち帰るだけで清算完了!!
エレコム、ネジ1本の重さまでこだわった超軽量30gのワイヤレスマウスを発売
iPhone 6sのシャットダウン問題、ソフトウェア・アップデートにより精査へ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加