Apple HomePodは失敗だったのか? Engadget編集主任とイギリス支局長が激論を交わす。

Apple HomePodは失敗だったのか? Engadget編集主任とイギリス支局長が激論を交わす。

  • Engadget
  • 更新日:2018/04/17
No image

[EngadgetUS版より(原文へ)]

Bloombergの記事によれば、AppleのHomePodは苦戦していて、Appleは供給業者への発注量を減らしたとのことです。そう聞いても驚かない人もいるでしょう。Appleは大切な年末商戦を逃し、GoogleやSonosやAmazonといった、より安価な競合製品との戦いを強いられているからです。しかし、このSiriを搭載した初めてのスマートスピーカーは、失敗だったのでしょうか? または、HomePodが自分の居場所を見つけるまでに、もう少し時間がかかるのでしょうか?

No image

Daniel Cooper

編集主任

Google Home Mini、Sony HT-CT80ホームシアター・システム、Soundfreaq Sound Platform 2スピーカーを所有

「HomePodが失敗に終わっても、私はちっとも驚かない。単に、変な位置にある変な製品だからだ。発売と同時に買おうと待ち構えていたけど、結局、350ドルをつぎ込むに足る強い理由が見つからなかった」

No image
No image

Mat Smith

イギリス支局長

Apple HomePodとGoogle Homeを所有。テレビの内蔵スピーカーを使用

「Appleの宣伝文句はじつに短いものだった。「いい音のスピーカーで、iPhoneやSiriと連動できます。ちょっとだけね」と、それだけ。私は発売当初からHomePodを使っている。いろいろなスピーカーを聞いてきたが、こんなに音のいいスピーカーとは初めてだ(今すぐにでも読者の意見を聞きたいと思っているけど、HomePodの音に関しては、同じ意見の人が多いはず)」

Daniel(以後Dan):だけど、長くこの製品と付き合うにしても、いわば片手を後ろに縛られたような状態で使うなんてゴメンだよ。とくにGoogleやAmazonの世界では、スマートスピーカーにできることの限界を常に押しつけてくる。そこは、キミの言うとおり残念なところだ。多くのオーディオマニアがHomePodの音は倍の値段のハードウエアにも勝ると言っているのにね。だけど、不幸なことに品質だけでは購入の決め手にはならない。1000ドルもするSonosのシステムを持っている友人が、どんなに悔しがってもね。

Mat:私はGoogle Homeスピーカーを持っているけど、ボイスアシスタントとしては、HomePodよりもずっといろんなことができる。以前、AmazonのAlexaよりもGoogle Assistantのほうがいいと話したことがあるが、その気持ちが変わる前に、どちらのメーカーも、もっと安くて高性能なスマートスピーカーを出してきた。Appleの新しいスピーカーほど音はよくないけれどね。Chrisがレビュー記事で書いていた問題点は、どれもが改善すべき重要なものだよ。

Dan:私にとって、これはAppleの利便性への妥協に対する拒絶であって、それがHomePodを買おうと思う私の理由をすべて殺してしまっている。Appleに大金をつぎ込んできたAppleファンの私がだよ。私は、たとえばHomePodでSpotifyを使いたい。Google Home Miniでそうしているようにね。もっといいのは、テレビと光ケーブルで接続して、家のメインのスピーカーとして使うことだ。今のHomePodに、現実世界にちょっとだけ譲歩する部分があれば、もっと売れるに違いない。私に、Bluetoothに対応していない話までさせないでくれよ。キミは音の悪いAptXですら対応していると言いたいだろうが、Bluetoothを外したことで、みんなに中指をおっ立てたんだ。

Mat:でも、なんでBluetoothがないんだ? iPhoneから3.5ミリ・ヘッドホンジャックを廃止したあれの無線版かな。どこかにBluetooth 5.0があるんだよ。棚の上に置く有線のスピーカーのように、スペースが何よりも貴重だというわけでもあるまいし(コースターは敷いた方がいい)。だから、他のスピーカーシステムやサウンドバーを買うほうが賢い選択となる。もし、HomePodがテレビやPS4やPCと繋がってくれたら、もう1台買って、夢のステレオ化を待ちたい。Appleはソフトウエアでそれを解決してくれると私は楽観視してる。Siriの問題も互換性の問題もね。でも、急いで欲しいな。

Dan:今キミがハマっているそのエコシステムの話をしよう。将来、Appleの音楽ビジネスに何か起きたら、困るだろうね。脱出プランを立てておかない限り、ひとつのものに完全に依存するな、というのが怪我をしない鉄則だよ。

Mat:キミは痛まないだろう。たしかに、私はHomePodでApple Musicを使っているが、AirPlayもある。最悪のシナリオは、HomePodでSpotifyをかけることだ。それにはiPhoneかMacBookを通す必要がある。私が、SpotifyとApple Musicのどっちが良いか考えていたとき、Appleはスピーカーを貸してくれたんだ。それで無料お試しでApple Musicを使って、すっかり気に入って、5年近く使ってたSpotifyから乗り換えることにした。

Dan:私は痛まないだって? テイラー・スウィフトが、どれだけストリーミングから曲を引き上げたと思ってるんだ?(わかった、1回だよ。だけど、問題はまだある。もしテイラー・スウィフトが明日Apple Musicを辞めたら、半分実用性を失ったものすごく高価なスピーカーが残されることになる)。同じようにうろたえる一人として、私はキミがAppleにこだわる理由がわからない。

No image

Mat:選べる曲の幅が広いのが決め手だよ。私は日本の音楽が好きで、ときどき聞くんだけど、それに関してはApple MusicはSpotifyよりもいいね。それに、推薦やキュレーションもAppleのほうが、少なくとも私にとっては、優れてる。Spotifyは、探している曲がわかっているときには便利だ。曲は大抵見つかる。Appleは私に(息をのみ)新しい音楽を紹介してくれる。または、1952年のすごく古いヒット曲とかね。そこにはまったく文句はない。なんだか、Apple Musicの話になっちゃったね。HomePodじゃなくて。

Dan:自然な流れだよ。Apple MusicとHomePodはふたつでひとつだ。どちらが欠けても成立しない。それが、350ドルのスピーカーを、ストリーミング・サービスで音楽を聴くための、ちょっとお洒落なアクセサリーにしてる。ところで私は、個人的にSiriには不満があるんだ。

iPhoneで話しても、なかなか私の言葉を認識しない。キミも同意してくれると思うけど、私は明瞭で、ほとんどなまりのない英語を話す。Siriにとっては理想のユーザーのはずだ。そんな問題があったからこそ、私はHomePodに舵を切ったんだ。ボイスアシスタント自体がクズだったら、Siriスピーカーを所有する意味がない。その点に関しては、Googleから転職してきたJohn Giannandreaがうまくやってくれると期待してる。

Mat:私はApple Musicを賞賛するけど、Siriも、何かいかしたものとか、元気が出るものといった曖昧なリクエストに応じたプレイリストがあるという点で、素晴らしいんだ。それに、HomePodには6つのマイクが内蔵されているから、iPhoneよりも命令を聞いてくれる。さらに、キッチンから居間まで、壁を2つ挟んだ距離でも応じてくれる。それにそう、たしかにキミのアクセントは明瞭だよ。

(Dan:ありがとう)

Mat:と、ちょっと褒め称えたところで、SiriがGoogleやAmazonのボイスアシスタントと張り合うには、Appleはもっと頑張らないとダメだね。とくに、早くに買った人たちは、スマートスピーカーのオプションを入念に見ているからね。でも、この中途半端なスタートは、失敗のサインととらえるべきではないと思う。Apple Watchが出たときも、同じようなことが言われていた。iPhoneのように爆発的には売れない。ポシャるよ、とかね。それでも、Apple Watchは生き残ってる。2014年の後半に登場したときとは、ずいぶん違うものに成長しているよ。

Dan:私もそこは完全に同意するよ。Appleは、HomePodの今の売れ行きが心配で夜も眠れないとは思ってないだろう。Apple Watchや、もっと規模は小さいけどApple TVは、広く普及するまで、誰も気がつかないうちに、四半期に百万台とか売れていくんだと思う。Apple Musicがユーザーを増やせば、HomePodを欲しがる人も増える。

No image

Mat:長いゲームだな。2019年にHomePodを買おうとしている人にはいいことだけど、今のオーナーや将来購入する人の熱が冷めて遠ざかるような気もする。発売は遅れたし、Siriはまだ弱いし、私はまだステレオHomePodを待ってる(少なくとも憧れている)。とは言え、私の音が曇った「ファイナル・ファンタジー」のアコースティック・サウンドトラックや、2000年代初期ポップミュージックの音が良くなったわけではないけど。

Dan:ファイナル・ファンタジーについてはコメントを差し控えておくけど、HomePodは出口から飛び出してきたというよりは、這って出て来た感じだね。家庭用のオーディオ機器に350ドルを使うつもりなら、ある程度の音質が期待できる。とくにAppleでね。いろいろな意味で、未完成の製品だ。ライバルの製品に備わっているいくつかの基本機能が欠けている。つまり、宣伝文句は「iPhoneと連動する音のいいスピーカー」から「まあ、音はいんだけど......」に切り替えるべきだ。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文著者:Engadget

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
macOS 10.14では「ダークモード」が登場する!?
Appleのティム・クックCEO、MacとiPadの融合にはデメリットがあると語る
伊勢丹新宿のApple Watch専門店、5月13日で閉店!
iPhone SE 2、間もなく発売?すでに量産が開始との情報
Apple Pencilに対応した廉価版iPadを1週間使ってわかった○と×
  • このエントリーをはてなブックマークに追加