英語よりも読書に近い!?小学生のプログラミング教育

英語よりも読書に近い!?小学生のプログラミング教育

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/12

■連載/小口 覺のスマートフォンハックス

久しぶりの連載更新です。先日まで、子供向けのプログラミングの書籍を手伝っていました。2020年には小学校でプログラミング教育が必修化されるとのことで、浮き足立っている親御さんも多いようですね。

No image

よく誤解されるのですが、IT業界の人材不足、エンジニア供給のためにプログラミング教育が実施されるわけではありません。プログラミングにも言語が使われる、また同じく最近小学校から必修化されたということで、英語に近いと考えられがちですが、ちょっと性質が違うのではと思っています。

かつて英語が義務教育に導入された背景には、海外との交流、もっといえば外交やビジネスでの必要性がありました。というか、今も重要性高いですよ、英語。タイムマシンがあれば、若いときの自分を殴ってでも英語をマスターさせていたと思います。プログラムも、ITバブルの時にスキルがあれば大金持ちになれたんじゃないかと妄想しますが、英語に比べれば仕事で必要とする人は少ないですし、システムエンジニアなどは労働環境が(控えめに言って)あまり良くない職種として知れ渡っています。

小学校でプログラミングを教えるのは、プログラマーを養成するのではなく、プログラミング的な思考を身につけることが目的です。なんとなく、きれい事にも聞こえますが、実際にプログラミングの本を作ってみて理解したのは、子供に必要なのはスキルではなく視点、リテラシー的な能力だということ。教育用のプログラム自体、直接仕事に役立つような物じゃありませんし。

外国語は海外に行けば、また文章を見れば(内容はわからずとも)言語だと理解できますが、プログラムは普通隠されています。家電やスマホアプリはもちろん、エレベーターや信号機など、あらゆる所にプログラムがあるのに、外からは見えない。見えないけど、かなり重要な役割がある。ブラックボックスの中身を想像できる能力、それがプログラミング教育の目的であるべきです。

人を見たら泥棒と思え、じゃなくて、動いている物を見たらプログラムがあると思え。その発想が、新たな製品やビジネスを生み出すはずです。ですから、小学校のプログラミング教育は英語よりも音楽や美術、読書に近い存在。教わったからといって皆がプロになるわけじゃないけど、物の見方が変わる。読書することで、いろんな人の考え方や、世の中こんな原理で動いてるんじゃないかとか、なんとなくわかるようになるじゃないですか。

良い試みのような気もする小学校のプログラミング教育ですが、不安なのは教える先生のスキルです。スキルが低すぎたり、杓子定規に教えるたりすることで、プログラミング嫌いの子供が増えないように祈ります。

No image

プログラミングは、ロボットから始めよう! :スマホやタブレットですぐにできる

加藤 エルテス聡志 (著)

文/小口 覺(おぐち さとる)

IT、SNS、スマートフォン、ネット、家電、ガジェットからサブカル、ビジネスまでゆる~くカバーしているライター。

■連載/小口 覺のスマートフォンハックス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
EVでも進むワイヤレス充電
国内携帯メーカー没落 キャリア頼み通用せず
KDDI、メールのドメイン名を「au.com」に変更
YouTubeが顔のぼかし機能を強化!指定する人物をクリックするだけでずっとぼかし状態に
あのランボルギーニが約27万円の高級スマホを発売、海外メディアは「間違いなくその価値はない」とバッサリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加