最新ランキングをチェックしよう
「ヘイト本」はどうして生まれたのか? 嫌韓中本の異例のヒットから考える

「ヘイト本」はどうして生まれたのか? 嫌韓中本の異例のヒットから考える

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/09/16

都内の書店ではケント・ギルバート氏のコーナーが。外国人、特に白人欧米人に物言われると弱い日本人の習性が露わに!?
 今、書店をのぞけば、「世界情勢」や「東アジア」といったコーナーや、ベストセラーのコーナーを埋め尽くす本がある。異様に長いタイトル、帯文が特徴の「ヘイト本」だ。一時は沈静化したが、再び隆盛の兆しを見せている。

◆異例のヒットを飛ばす嫌韓中本の現状

 書店の棚に異変が起きている。韓国

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタも焦った。中国EVの「一人勝ち説」は本当か?
日本からの便にも影響!台湾の空港に正体不明の飛行体で離着陸50分間停止、確認すると...―台湾メディア
元自衛艦隊司令官が警告「米朝戦争、空爆のタイミングはこの時期」
ゾウに踏まれ、海で溺れ......タイで“ルール無視”の中国人観光客が死亡事故を起こしまくり!
日本からの国際郵便を受け取った女性があぜん!「中身が半分なくなってる」―中国

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加