最新ランキングをチェックしよう
「ヘイト本」はどうして生まれたのか? 嫌韓中本の異例のヒットから考える

「ヘイト本」はどうして生まれたのか? 嫌韓中本の異例のヒットから考える

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/09/16

都内の書店ではケント・ギルバート氏のコーナーが。外国人、特に白人欧米人に物言われると弱い日本人の習性が露わに!?
 今、書店をのぞけば、「世界情勢」や「東アジア」といったコーナーや、ベストセラーのコーナーを埋め尽くす本がある。異様に長いタイトル、帯文が特徴の「ヘイト本」だ。一時は沈静化したが、再び隆盛の兆しを見せている。

◆異例のヒットを飛ばす嫌韓中本の現状

 書店の棚に異変が起きている。韓国

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国高速鉄道はいったいどうしてしまったのか、主要路線で重大問題が発覚―米華字メディア
中国に進出する外国企業に義務付けられた「新規制」
韓国調査「日米中露で朝鮮半島の平和に最も重要な国」、日本を挙げた人は何%?
カナダで発生した中国人美少女「失踪」事件の真相
南京・慰安婦を世界に!?カナダを席巻する「華人系反日運動家」の素顔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加