MONDO GROSSOのUAボーカル曲MVに菅原小春「初めて自分自身を受け入れられた」

MONDO GROSSOのUAボーカル曲MVに菅原小春「初めて自分自身を受け入れられた」

  • ナタリー
  • 更新日:2017/12/06

MONDO GROSSOの楽曲「春はトワに目覚める(Ver.1)」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

No image

MONDO GROSSO「春はトワに目覚める(Ver.1)」ミュージックビデオのワンシーン。

すべての写真を見る(全3枚)

No image

「春はトワに目覚める」はMONDO GROSSOが6月に発表したアルバム「何度でも新しく生まれる」の収録曲で、UAが歌唱を担当したナンバー。今回MVが制作された“Ver.1”音源は、iTunes StoreおよびApple Music限定で配信されている。MVには菅原小春が出演しており、撮影当日にコンテンポラリーダンサーの辻本知彦と共に作り上げたというパフォーマンスを披露している。菅原は撮影を振り返り「私にとって25歳の秋で、初めて自分自身を受け入れられた日でした。小さい頃から、踊る。ということをしてきて、初めて心から “生きてるんだ。”という瞬間に出会えました」とコメント。大沢伸一は「MONDO GROSSOの楽曲が表現者の挑戦の舞台となり、その包容力を持っている事を嬉しく思います。ありがとう!」と述べている。

なお12月13日には同曲の12inchアナログ盤がリリースされる。

菅原小春 コメント

私にとって25歳の秋で、初めて自分自身を受け入れられた日でした。
小さい頃から、踊る。ということをしてきて、初めて心から “生きてるんだ。”という瞬間に出会えました。
大沢さんの音楽、UAさんの歌声、武藤監督の目、辻本さんの細胞、スタッフのみな様がこの瞬間に出会わせてくれました!
私は誰かに愛されたいと踊ってきたけどそれは求めていたもので、
私が受け入れた時みんなが愛で包んでくれたことを強く学んだ日でした。

大沢伸一 コメント

アルバムの中で最もダンサブルなナンバー “春トワ”を、ダンサーの菅原小春さんが、自身でも辿り着いた事のない次元で表現をしてくれました。
MONDO GROSSOの楽曲が表現者の挑戦の舞台となり、その包容力を持っている事を嬉しく思います。ありがとう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「民放が2局しかない」「よくはぶかれる“一部地域”」 宮崎の田舎JKが作詞した『田舎女子高生』がふっきれてて面白い
美人声優ユニット『elfin’』が手塚治虫作品のエンディングに挑戦 声の出演も決定
福山雅治「人気急落」を感じさせる現象の数々
『週刊少年ジャンプ』50周年を記念しベストアルバム発売決定
【連載】青SHUNコラム第177回『北海道に雪まつりの季節到来!週末にはアイドルイベントも開催、東京から出演者も!』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加